2020.05.21

ウォリアーズのビッグマン、ケボン・ルーニーがコアマッスルの修復手術に成功

今季はわずか20試合の出場に終わったルーニー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月21日(現地時間20日、日付は以下同)。ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ビッグマンのケボン・ルーニーがフィラデルフィアにあるVincera Institute(メディカルセンター)で20日にコアマッスル(背骨や骨盤の周囲にある深層筋)の修復手術に成功したことを発表した。

 キャリア5年目となった今季、ルーニーは平均13.1分3.4得点3.3リバウンド1.0アシストを残したものの、神経障害と腹部の痛みのため45試合の欠場を余儀なくされ、20試合のみの出場に終わっていた。

 チーム側によると、ルーニーは早速リハビリに取りかかる予定で、例年どおり10月かどうかは未定ながら、来シーズン開幕には間に合う見込みとしている。