2020.06.01

ジェリー・ウェストが今季のレイカーズとクリッパーズの直接対決について「究極の競争になるだろう」

クリッパーズでコンサルタントを務めているウェスト[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

古巣レイカーズについて言及したウェスト

 今季開幕前、ロサンゼルス・レイカーズはトレードでリーグを代表するビッグマンであるアンソニー・デイビスを獲得。こうしてレブロン・ジェームズとのスターコンビが誕生したが、のちにロサンゼルス・クリッパーズはカワイ・レナードポール・ジョージという強力なウイングを同時に迎え入れた。ともに大きな戦力アップに成功した両チーム。同じロサンゼルスに本拠地を置き、優勝を目指すレイカーズとクリッパーズの直接対決には大きな注目が集まっている。

 この出来事に関して、以前から強い関心を示している人物がいる。クリッパーズで現在コンサルタントとして活躍しているジェリー・ウェストである。彼は現役時代はレイカーズのスター選手として活躍し、1972年に優勝を経験。現役引退後は同チームのヘッドコーチを経験した後、ゼネラルマネージャーに就任。その後は長年にわたってフロントで活躍し、若きコービー・ブライアント(元レイカーズ)の才能をいち早く見抜くなど、球団に多くの功績を残してきた人物である。

 そんな古巣レイカーズと、クリッパーズが今季プレーオフで直接対決をするとすれば、ウェストは「究極の競争になるだろう」と表現している。『NBC Sports』が報じている。「レイカーズのは長年にわたって類まれな功績を残しており、現在も非常にいいチームで、我々が目にしてきた中でも最高の選手が2人そろっている」ともコメントし、レイカーズを高く評価している。

 またウェストは、「信じられないほどの戦いになるだろう。切迫したものになる」とも言及。「ほかのスポーツにおいて、同じ都市で優勝のために競争を強いるチームが今までどれだけ存在したかはわからない」と話し、前例のない今季のレイカーズとクリッパーズの関係性について語った。

 今季レイカーズは49勝14敗でウェスタン・カンファレンス首位、クリッパーズは44勝20敗で2位にランクイン。レギュラーシーズンの直接対決では2勝1敗とクリッパーズが勝ち越しているが、いずれも接戦だった。リーグは今シーズン再開に向けて動き出しているために、もしプレーオフで両チームが激突することになれば、ウェストが述べたように歴史的なシリーズになるかもしれない。