2020.06.20

“MVPデュオ”を軸にスモールボールで覇権争いに挑むロケッツ/2019-20NBA通信簿チーム編27

ロケッツが誇る“MVPデュオ”のハーデン(右)とウェストブルック(左)[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿チーム編27 ヒューストン・ロケッツ

ウェスタン・カンファレンス(サウスウェスト・ディビジョン)
総合評価:B

■ここまでの戦績
今季戦績:40勝24敗(勝率62.5%/ウェスト6位)
ホーム戦績:22勝10敗(勝率68.8%)
アウェー戦績:18勝14敗(勝率56.3%)

■主要チームスタッツ(カッコ内はリーグ順位)
平均得点:118.1(2位)
平均失点:114.4(22位)
平均リバウンド:44.9本(14位)
平均アシスト:21.5本(29位)
平均スティール:8.5本(5位)
平均ブロック:5.1本(10位)
オフェンシブ・レーティング:113.4(2位)
ディフェンシブ・レーティング:109.9(16位)

シーズン再開後、ロケッツ躍進のカギを握るゴードン[写真]=Getty Images

■主要スタッツリーダー
平均出場時間:ジェームズ・ハーデン(36.7分)
平均得点:ジェームズ・ハーデン(34.4得点)
平均リバウンド:ラッセル・ウェストブルック(8.0本)
平均アシスト:ジェームズ・ハーデン(7.4本)
平均スティール:ジェームズ・ハーデン他1人(1.7本)
平均ブロック:ロバート・コビントン(2.5本)

■主な開幕後の選手またはコーチの動き
加入:ロバート・コビントン、ジェフ・グリーン、デマーレイ・キャロル
退団:クリント・カペラ、ギャリー・クラーク、ジェラルド・グリーン

2月に守護神カペラを放出し、大胆不敵なスモールボールに戦術を変更

 昨夏のトレードでクリス・ポールと将来のドラフト1巡目指名権を複数放出し、オクラホマシティ・サンダーからラッセル・ウェストブルック(2017年のMVP)を獲得したロケッツは、2018年のMVP(ジェームズ・ハーデン)との“MVPデュオ”を形成。

 昨年10月8日に行われたジャパン・ゲームズ初戦にウェストブルックがロケッツの一員としてプレシーズンゲームに初出場したことで、2012年以来、約7年ぶりとなる念願の再共演を果たした。

 シーズン序盤にエリック・ゴードンが膝の負傷で戦線離脱したものの、ロケッツは11月上旬から8連勝を飾るなど勝ち星を伸ばし、23勝11敗という好成績で2019年を終える。ハーデンは一時、平均40得点を残すのではないかと言われるほどの高位安定したスコアラーぶりを発揮し、11月は平均39.5得点、12月も平均37.3得点というハイアベレージでチームをけん引。

今季も驚異的なスコアリングショーを披露するハーデン[写真]=Getty Images

 1月に入ると、3ポイント試投数を減らしてペイントアタックを増やしたウェストブルックが平均32.5得点と調子を上げ、ハーデン(平均28.6得点)と合わせて平均61.1得点と大暴れ。だがチーム成績は7勝7敗となかなか伸びずにいた。ウェストブルックが加入したことで、ロケッツはより速くオフェンスを仕掛けるべく攻め立てた一方、ペイントエリアに陣取る守護神カペラの重要性が昨季よりもダウン。

 そこでチームは1月末からかかとを痛めていたカペラを4チーム間の大型トレードでアトランタ・ホークスへ放出。代わりに3ポイントとディフェンスに秀でた“3&D”タイプのフォワード、ロバート・コビントンを獲得。その後もデマーレイ・キャロル、ジェフ・グリーンをロースターに加えたことで、ローテーション入りする選手がいずれも203センチ以下というスモールボールへと切り替えた。

 シーズン中断前に行われた5試合では1勝4敗と落ち込むも、2月は9勝2敗と大きく勝ち越すことに成功。ウェストブルックが平均33.4得点、ハーデンが平均31.9得点と2枚看板が大活躍したことで、同一チームの2選手が月間平均30得点をクリア。これは2001年2月のロサンゼルス・レイカーズ(シャキール・オニールとコービー・ブライアント)以来初の快挙となった。

 ロケッツはここまでウェスト6位とはいえ、4位のユタ・ジャズとは1.0ゲーム差、3位のデンバー・ナゲッツとも2.5ゲーム差のため、シーズン再開後のレギュラーシーズン8試合の結果次第ではウェスト3位まで浮上することも決して不可能ではないだろう。

 シーズン中断期間に、ハーデンとゴードンは身体を絞って減量に成功し、ウェストブルックは上半身をさらに強化させたことがSNSを通して伝わってきており、マイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)は今季の“第二幕”におけるキープレーヤーとしてゴードンの名を挙げている。

 そしてダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)は先日出演した『Fox Sports』の「First Things First」で「今のロースターにはチーム史上最も偉大な2選手がいる。我々は優勝すべきだ。ジェームズは間違いなく史上最高の選手の1人として記憶されるだろう。彼を助けるのが私の仕事だ。我々が(近年)勝つことができていないという事実は、常に私に重くのしかかっている」と“MVPデュオ”に大きな期待を寄せている。

ロケッツ加入後、攻防両面で貴重な働きを見せるコビントン(中央)[写真]=Getty Images

「現状に満足しているし、チームの方向性も合っている」(ウェストブルック)
「ラスと一緒にプレーするのは光栄さ」(ハーデン)

 今季途中から試合を通してほとんどの時間帯でスモールボールを遂行するロースターへと切り替えたロケッツにとって、トレーニングキャンプからシーズンを再開できることはメリットになるかもしれない。6月上旬にダントーニHCは「これでチーム全員が同じ方向を向くことができるし、レベルアップできる。私はキャンプを楽しみにしているよ。我々にとってアドバンテージになる」と語っており、今季の覇権争いに自信を見せていた。

 そして先日行われた『The Athletic』との取材で、指揮官は今後の選手起用について「現実的にはジェームズ、ラッセル、PJ(タッカー)、ロバート、エリックの5人に多くの出場機会を与えるだろう。彼らを消耗させたくはないが、(NBAファイナルが行われる)10月に休養十分の状態でいたくはないからね。疲れるだろうが、乗り越えるしかないんだ」と話していた。

 ロケッツが再開後に高い勝率を残し、プレーオフを勝ち上がるためには、攻防両面で身体を張ってチームを支えるタッカー、ロケッツ加入後の14試合で平均12.8得点7.9リバウンド1.1スティール2.5ブロックとマルチな活躍を続けるコビントン、そして爆発力を誇るゴードンをはじめとするサポーティングキャストの貢献も不可欠となる。

ロケッツが誇る名脇役タッカーの活躍も勝利には不可欠となる[写真]=Getty Images

 1月25日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でシーズンハイの45得点を奪い、勝利の立て役者となったウェストブルックは「自分が狙っていたショットを放っただけ。それは俺が成熟したということ。準備できた時に自分のスポットを見つけてショットを放ったのさ」と話しており、今後も効果的な働きを期待したい。

 オールスターブレイク後、ハーデンとのプレーについて「もう最高さ。俺たちは正しい方向に向かっている。俺は現状に満足しているし、チームの方向性も合っていると思うね」とウェストブルックが『The Athletic』へ語れば、ハーデンも「ラスと一緒にプレーするのは光栄さ。才能あふれる選手だし、オールスターに何度も選ばれている。そんな男と一緒にプレーできるんだから、エキサイティングなことさ」と話しており、両選手のケミストリーは着実に醸成されている。

 シャック&コービ―以来となる超強力スコアリングデュオを擁するロケッツが、シーズン再開後にどのようなインパクトを残し、勝利を重ねていくのか。引き続き注目していきたい。

年明け以降に本領発揮となったウェストブルック[写真]=Getty Images

2019-20NBA通信簿チーム編のバックナンバー