2020.06.29

積極果敢なパフォーマンスでバックスをけん引したアデトクンボ/2019-20NBA通信簿選手編①

今季もMVP級の活躍を見せたアデトクンボ[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編①ヤニス・アデトクンボ

所属:ミルウォーキー・バックス(イースタン・カンファレンス1位)
総合評価:S

■プロフィール
生年月日(年齢):1994年12月6日生まれ(25歳)
ポジション:フォワード
身長/体重:211センチ/109キロ
NBAキャリア:7年目

<今季ここまでの功績>
オールスター選出(4年連続4度目)
月間最優秀選手:3度(10-11、12、1月)
週間最優秀選手:4度

<2019-20シーズン 個人成績>
平均出場時間:30.9分
平均得点:29.6得点(リーグ3位)
平均リバウンド:13.7本(リーグ3位)
平均アシスト:5.8本
平均スティール:1.0本
平均ブロック:1.0本
フィールドゴール成功率:54.7%(リーグ15位)
3ポイント成功率:30.6%
フリースロー成功率:63.3%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:38分30秒(19年11月26日/対ジャズ)
得点:50得点(同上)
リバウンド:20本(2度)
アシスト:15本(19年11月22日/対ブレイザーズ)★
スティール:3本(6度)
ブロック:4本(2度)
フィ―ルドゴール成功数:18本(19年12月17日/対マーベリックス)★
3ポイント成功数:5本(19年12月20日/対レイカーズ)★
フリースロー成功数:15本(20年1月5日/対スパーズ)
★=キャリアハイ

レイカーズと大一番で、アデトクンボはキャリアハイとなる5本の3ポイントを沈めた[写真]=Getty Images

攻防両面に渡る活躍で、バックスを2シーズン連続でリーグトップへと導く

 戦力充実のチームが白星を重ねてリーグトップをひた走る中、昨季のシーズンMVPは支配的なパフォーマンスを演じ、攻防両面でけん引。キャリア7年目となった今季は苦手とされていた3ポイントをこれまでよりも積極的に放つようになり、ウェスタン・カンファレンス首位のロサンゼルス・レイカーズとの今季初戦でキャリアハイの5本を放り込む活躍。プレータイムはここ6シーズンで最も短かったとはいえ、出場した57試合すべてで13得点以上を挙げる安定感も光った。

 昨季リーグトップの60勝22敗を挙げたバックスは、一時シーズン70勝も可能なハイペースで勝利を積み重ねた。今年1月に行われた『The Athletic』とのインタビューでは「このリーグで俺たちが倒せないチームがあるとは思ってない」と豪語し、「今でも謙虚な姿勢を保っているし、ハングリーなんだ。今後も上質なバスケットボールをプレーし続けていくし、もっといいチームになるべく練習を重ねていく」と自信をのぞかせていた。

 バックスは今季もリーグベストの戦績を残しており、2年連続でアデトクンボがシーズンMVPを手にする可能性もあるが、アデトクンボが見据えるのは優勝のみ。シーズン中断前に3連敗を喫し、アデトクンボは3月7日のレイカーズ戦で右膝を痛めたことでその後2試合を欠場したものの、現在はコンディションを取り戻しているという。

 先日、マイク・ブーデンホルザーHC(ヘッドコーチ)が「ヤニスが健康体であることは、我々にとって大きなアドバンテージ。今の彼は心身ともにすばらしい状態だよ」と『ESPN』へ話していることから、チャンピオンシップ獲得をかけた今季の第二幕にも万全な状態で臨むことが期待できる。

シーズン再開後もペイントエリアを中心に暴れ回ることだろう[写真]=Getty Images

ハーデンの批判に対して、キャリアで磨いてきたことを明かし、「より完璧な選手になって、もっとチームが楽に勝利を収められるように助けられたらいいね」

 オールスターでは2年連続でイーストトップのファン投票を獲得して「TEAMヤニス」のキャプテンに就任。ウェストのレブロンと共に2年連続オールスターのドラフトに臨んだのだが、ここであるジョークから舌戦へと発展。

 2月7日に行われたドラフトで、アデトクンボはジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、パスカル・シアカム(トロント・ラプターズ)というビッグマンを立て続けに指名。『NBA on TNT』のチャールズ・バークリー(元フェニックス・サンズほか)から「ドリブラーはいらないのか?」と聞かれたアデトクンボは「俺はパスしてくれる選手が欲しいのさ」と笑いを誘った。

 だがこの発言に対して一昨季のMVPジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)が苛立ちを見せた。「俺の平均アシスト数は(ボストン・セルティックスのケンバ・ウォーカーよりも)上だ。あれがジョークだとは思えないね」と『ESPN』へ口にすると、「俺も走るだけだったら良かったね。7フィート(213センチ)でただ走ってダンクするだけなら、スキルなんていらないからな。俺の場合は、これまでバスケットボールをどうやってプレーするか、どのようにしてスキルを身につけるかを学びながらやってきたからな」という批判も飛び出した。

驚異の身体能力を持つギリシャの怪物は、ディフェンス面においても超一流の実力を持つ[写真]=Getty Images

 このハーデンの発言がメディアへ出回った直後、アデトクンボは2月29日のオクラホマシティ・サンダー戦で27分17秒のプレータイムながら32得点13リバウンド6アシストの大暴れを見せて47点差(133-86)で一蹴。

「俺のゲームはパワーだけで出来上がったものじゃないことは明らかだ。18歳でこのリーグにやってきた時、俺は180ポンド(約81.6キロ)しかなかった。だからビッグマンたちと渡り合うのはタフなことだった。だからパワーをつけていったんだ」と地元メディア『The Milwaukee Journal Sentinel』へコメント。そして自身のこれまでのキャリアについてこう語っている。

「レブロン、(マイケル)ジョーダン、コービー(ブライアント/元レイカーズ)のようなベストプレーヤーの1人とされる選手たちはものすごくフィジカルだったんだ。ペイント内ではその存在感を際立たせていた。そして俺はミドルレンジ、3ポイント、スクリーン&ロールを速くこなし、正しいパスができるように磨いてきた。それ以外にもたくさんのことを身につけてきたし、今でも自分のスキルを加えているところだ。より完璧な選手になって、もっとチームが楽に勝利を収めることができるように助けられればいいね」。

 NBA入り後、ギリシャ出身の細身の少年はひたすら自らの身体をいじめ抜き、20キロ以上も体重を増やして今の身体を手に入れた。年々進化を続ける規格外の万能戦士はバックスにフランチャイズ史上2度目の優勝をもたらすべく、シーズン再開後も粉骨砕身していくに違いない。

NBA入り後、当たり負けしない筋肉と数々のスキルを磨いてきたアデトクンボの成長は今後も続く[写真]=Getty Images

2019-20NBA通信簿選手編のバックナンバー