2020.07.05

ネッツをプレーオフ出場圏内へと導いたディンウィディー/2019-20NBA通信簿選手編⑦

ここまでフル出場してネッツを支えてきたディンウィディー[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編⑦スペンサー・ディンウィディー

所属:ブルックリン・ネッツ(イースタン・カンファレンス7位)
総合評価:A

■プロフィール
生年月日(年齢):1993年4月6日生まれ(27歳)
ポジション:ガード
身長/体重:196センチ/97キロ
NBAキャリア:6年目
  
<今季ここまでの功績>
週間最優秀選手:1度

<2019-20シーズン 個人成績>
平均出場時間:31.2分
平均得点:20.6得点
平均リバウンド:3.5本
平均アシスト:6.8本(リーグ17位)
平均スティール:0.6本
平均ブロック:0.3本
フィールドゴール成功率:41.5%
3ポイント成功率:30.8%
フリースロー成功率:77.8%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:39分50秒(19年12月31日/対ウルブズ)
得点:41得点(19年12月20日/対スパーズ)★
リバウンド:8本(19年12月27日/対ニックス)
アシスト:14本(20年1月11日/対ヒート)★
スティール:2本(6度)
ブロック:3本(19年11月26日/対キャバリアーズ)★(キャリアハイタイ)
フィ―ルドゴール成功数:14本(19年12月20日/対スパーズ)★
3ポイント成功数:6本(2度)
フリースロー成功数:14本(2度)★(キャリアハイタイ)
★=キャリアハイ

スパーズ戦で、ディンウィディーは3ポイントとペイントエリアから得点を量産し、41得点を積み上げた[写真]=Getty Images

カイリーを大部分で欠く中、自己最高の成績を残してネッツを支える

 昨季シックスマンとして平均16.8得点4.6アシストを記録した長身ガードは、今季もカイリー・アービングのバックアップとしてベンチスタートで迎えた。だがカイリーが序盤に右肩を痛めたことを機に、昨年11月中旬からスターターへ昇格。

 するとディンウィディーは6試合連続で20得点以上を奪う大活躍を見せ、チームもその期間で5勝1敗と大きく勝ち越しに成功。カイリーに加え、右手親指の負傷によりキャリス・ラバートという得点源も欠く中で、ネッツは勝率5割復帰を果たす。

 11月30日に行われたホームのボストン・セルティックス戦で、ディンウィディーがいずれもゲームハイとなる32得点11アシストに5リバウンド2スティール2ブロックをマークして勝利へと導くと、ケニー・アトキンソンHC(ヘッドコーチ)も「私の控えめな意見ではあるけど、彼は今、NBAで誰よりもいいプレーをしている」と最大級の賛辞を送っていた。

チームを勝利へと導く価値ある働きを見せるディンウィディー[写真]=Getty Images

 その後もチームメートたちを操りつつ、自らもアグレッシブに攻め立て、12月20日のサンアントニオ・スパーズ戦では敗れたものの、キャリアハイの41得点。ディンウィディーやジョー・ハリス、ジャレット・アレン、トーリアン・プリンスといった選手たちの踏ん張りで、ネッツはなんとか勝率5割前後を保ち、プレーオフ出場圏内をキープしていく。

 だが12月下旬から7連敗、5連敗と続き、借金生活に突入。その期間にカイリーが復帰を果たすも、2月2日の試合をもって今季を一足早く終了。ディンウィディーは再び先発ポイントガードの座に戻り、ネッツをけん引。

 ネッツはイースト7位という、プレーオフ進出圏内でシーズン中断を迎えたものの、3月上旬にアトキンソンHCを解任。ジャック・ボーン暫定HCの下、ネッツはディンウィディーの決勝弾でアウェーのロサンゼルス・レイカーズ戦で大金星を挙げるなど2連勝したとはいえ、ディンウィディーにとっては自身の成長を促し、見届けてくれたアトキンソン前HCの退団はつらかったに違いない。

 今季はカイリー、ラバートに加え、ケビン・デュラントがアキレス腱断裂のため全休と、主力を欠いた中、ディンウィディーはプリンス、アレンと共にフル出場。ディンウィディーが30得点以上を奪った7試合でネッツが5勝2敗を記録しているように、この男の得点力がチームを支えていたと言っていい。

シーズン中断直前のレイカーズ戦では勝利の立て役者となった[写真]=Getty Images

新型コロナの検査で陽性反応が出たため、第二幕への参加は微妙

 1月27日にコービー・ブライアント(元レイカーズ)がヘリコプター墜落事故によって帰らぬ人となったことで、ディンウィディーは30日から急きょ背番号を8番から26番へと変更。その理由として「息子(イライジャ)が4月20日生まれで、僕が4月6日生まれだから」と説明したものの、コービーへ敬意を表していたことは明らか。

 8番はコービーがキャリア最初の10シーズンに着用していた背番号であり、この時期に背番号を26番へと変更したのは、コービーがキャリア最後の10シーズンで着用していた24番と、次女ジアナが着けていた2番を足した数字とも受け取れるとしてSNSで話題になった。

 また、今年4月にはディンウィディーがナイジェリア代表として国際大会に出場すべく、同国のパスポートを取得する申請をしていると『ESPN』が報道。本人も「皆に知られちゃったようだね(笑)」とツイートしており、ナイジェリア代表としてオリンピック出場を狙っていることに対して否定しなかった。

 5月16日にはクラウドファンディングのプラットフォーム『GoFundMe』で“Dinwiddie × BTC × NBA”と題したプロジェクトを作成。目標金額(約26億円)をビットコインで設定し、到達した場合は今後ファンが自身の移籍先を決定させ、そのチームと1年契約を結ぶというユニークな試みで話題を呼んだ。

 現在、ネッツとディンウィディーは厳しい状況にある。7月31日から始まる第二幕に向けて、デュラント、カイリー、ディアンドレ・ジョーダン、ウィルソン・チャンドラー、ニコラス・クラクストンの出場辞退が発表されており、代役としてタイラー・ジョンソン、ジャスティン・アンダーソンと契約。

 だが既存戦力で得点とアシストの2部門でトップを誇るディンウィディーが、6月30日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応が出てしまったことが発覚。独特のタイミングで繰り出すドライブを中心に突破口を開き、ジャンパーだけでなくリング下で技ありのフィニッシュから得点可能なディンウィディーを欠くとなると、ネッツはさらに窮地へと追い込まれることが確実となる。

ディンウィディー(左)が欠場となると、ネッツの戦力は大幅ダウンに[写真]=Getty Images

「僕はシーズン再開に向けてチームメートたちと一緒にまた合流する準備をしてきた。プライベートでニューヨークに戻ってから、最初の数日間でCOVID-19の検査を複数受けていずれも陰性だった。だから何度か練習にも参加することができていたんだ」。

 ディンウィディーは『The Athletic』へそう明かすと、現状について「運が悪いことに、僕は今、陽性反応が出てしまっている。熱があり、胸には圧迫感がある。だからオーランドで参加できるかどうか、分からないんだ」と口にしており、第二幕への参戦が危ぶまれている。

 7月4日にラバートが『Zoom』を用いた会見に登場。「僕はこのグループのリーダーになるというチャレンジを引き受けている」と話しており、ディンウィディー不在となった際には、ラバートが中心となってプレーオフ出場を目指す方針なのだろう。

 だが現時点でディンウィディーが参戦を辞退したという報道はなく、来週から始まるトレーニングキャンプへ途中から合流し、第二幕でもネッツをリードしていく可能性は残されている。

 ただ、もしこの男が第二幕へ参戦できない状況に追い込まれたとしても、キャリア6年目の今季は自己最高のシーズンを送ったと胸を張っていいはずだ。

2019-20NBA通信簿選手編のバックナンバー