2020.07.15

バスケットへの執着心と姿勢で短期間に急成長したセクストン/2019-20NBA通信簿選手編⑮

キャブズのトップスコアラーへと成長を遂げたセクストン[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編⑮コリン・セクストン

所属:クリーブランド・キャバリアーズ(イースタン・カンファレンス15位)
総合評価:B

■プロフィール
生年月日(年齢):1999年1月4日生まれ(21歳)
ポジション:ガード
身長/体重:185センチ/86キロ
NBAキャリア:2年目
  
<今季ここまでの功績>
ライジングスターズチャレンジ選出(初)

<2019-20シーズン 個人成績>
平均出場時間:33.0分
平均得点:20.8得点
平均リバウンド:3.1本
平均アシスト:3.0本
平均スティール:1.0本
平均ブロック:0.1本
フィールドゴール成功率:47.2%
3ポイント成功率:38.0%
フリースロー成功率:84.6%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:44分50秒(20年3月5日/対セルティックス)
得点:41得点(同上)★
リバウンド:7本(3度)
アシスト:9本(20年2月23日/対ヒート)
スティール:3本(6度)★(キャリアハイタイ)
ブロック:2本(20年1月10日/対ピストンズ)★(キャリアハイタイ)
フィ―ルドゴール成功数:17本(20年3月5日/対セルティックス)★
3ポイント成功数:6本(20年2月29日/対ペリカンズ)★
フリースロー成功数:9本(20年3月9日/対スパーズ)
★=キャリアハイ

シーズン中断前のセルティックス戦では自己最高の41得点を奪取[写真]=Getty Images

チームは大きく負け越すも、指揮官は「彼がこなしている2つのことは、誰でもできることじゃないんだ」と絶賛

 2年目となった今季、セクストンはルーキーのダリアス・ガーランドがポイントガードを務める傍ら、シューティングガードへとスライド。キャブズはキャリア1、2年目のバックコートデュオと、ジェディ・オスマン、ケビン・ラブトリスタン・トンプソンという中堅とベテランで構成されるフロントコートで今季に臨んだ。

 セクストンは開幕から2ケタ得点を連発。11月30日のミルウォーキー・バックス戦では、リーグトップの戦績を残す強敵を相手に16得点5アシスト3スティールの活躍で、キャブズは第4クォーター中盤まで好勝負を演じていたが、最後はヤニス・アデトクンボの活躍を許し、最後はリードを広げられて敗戦。

 バックス戦のように好勝負を演じた試合もあったが、キャブズが白星先行へと好転することはなく、イースト14位に終わった昨季(19勝63敗)に続いて今季はイースト最下位の19勝46敗という不甲斐ない戦績で終えた。

 今季から就任したジョン・ビーラインHC(ヘッドコーチ)がオールスター期間中に降格し、アソシエイトHCのJB・ビッカースタッフが指揮官へと昇格したキャブズだが、黒星先行という暗いトンネルから抜け出せずにいる。

 そうした中、セクストンは積極果敢に点を奪い、キャブズのトップスコアラーへと成長。1、2年目の有望選手たちが集結して行われるライジングスターズチャレンジの選考からまたもや漏れた時には「ショックだった。俺は選ばれるに値すると分かってたのに。俺は毎日ハードワークしてコートに出てプレーしているんだ」と2月3日に『cleveland.com』へ悔しさをにじませていた。

 もっとも、その後タイラー・ヒロ(マイアミ・ヒート)が足首を痛めたことで欠場が発表され、セクストンが代替選手としてチームUSAのロースター入り。ベンチスタートで20分14秒という出場時間ながら、3本の3ポイント成功を含む21得点に5リバウンド3アシストを残して存在感を示した。

シーズンが進むにつれて、セクストンは存在感を増していった[写真]=Getty Images

 セクストンは昨季に続いて今季もフル出場。昨年12月24日のアトランタ・ホークス戦から中断前までに行われた3月11日のシカゴ・ブルズ戦まで、36試合連続で2ケタ得点を奪取。

 3月5日のボストン・セルティックス戦ではキャリハイの41得点を奪う大暴れ。これにはシーズン中にセクストンのあまりボールを動かさないスタイルに苛立ちを露わにしていたラブも「彼は最後まで自信を持ってプレーを続けた。きっと彼にとって、目に映るものがスローに見えていたんじゃないかな。彼は向上していけるタイプの選手なんだ」と称賛。

「彼がやっていることは難しいこと。このリーグでどれだけ多くの選手が毎晩20得点できると思う? その数は決して多くはないんだ。それに82試合フル出場する選手はどれくらいいる? それだけ、彼がこなしている2つのことは、誰でもできることじゃないんだ」。

 セルティックス戦後にビッカースタッフHCがそう評したように、2年目のセクストンがこなしていることはそう簡単にできることではない。チームが大きく負け越してしまう中、ガードとして及第点を十分与えられるレベルのショット成功率も残しており、セクストンが成長を遂げたことは間違いない。

シーズン中断により、今季は3月までとなったものの、昨季に続いてフル出場を果たした[写真]=Getty Images

「これからもオールラウンドな選手に、より良いプレーメイカーに、そしてコート内外におけるリーダーとなれるように向上していくだけ」

 キャブズは2シーズン連続でイースト最下位クラスへと低迷。プレーオフへ出場できる位置まではまだ遠いものの、5月26日に『SiriusXM NBA Radio』へ出演したビッカースタッフHCは、セクストンについてこう評していた。

「コリンについて1つ、バスケットボール界にいる皆さんが知っておくべきことは、彼ほどバスケットボールに真剣に取り組み、上達しようとしている選手はいないということ。彼のような若者があれだけの集中力と姿勢をすでに身につけていることは称賛に値する。これまで私が見てきた選手の中で1番だし、彼が成長しているのは見て取れる。コリンが持つバスケットボールに対する執着心とすばらしい姿勢が、短期間で大きく成長することを助けたのだろう」。

 指揮官から絶賛されたセクストンは、6月13日に行われた記者との『Zoom』を用いたインタビューで、「俺は自分をオールスターゲームへ(出場できるように)駆り立てていきたい。もちろん、そのためにはハングリーにならなきゃいけないし、ものすごくハードに練習してうまくならないといけないと感じてる。でもそれが俺にとって次のステップになるんだ」と言及。

来季に向けて、自身に大きなハードルを掲げたセクストン[写真]=Getty Images

 来季の開幕は今年12月上旬が予定されており、11月からトレーニングキャンプがスタートする予定となっているのだが、セクストンがオールスター入りするためには自身のさらなる成長だけでなく、チームとしてもプレーオフ出場争いをするレベルまで引き上げることが求められる。

 だが21歳のスコアリングガードは、今季の第二幕へ参戦できなかったことをポジティブに捉え、来季に向けてこんな言葉を残している。

「来シーズンに向けて、自分とこのチームが向上するための時間がより多く与えられたということ。俺は待ちきれないね。これからもオールラウンドな選手に、より良いプレーメイカーに、そしてコート内外におけるリーダーになれるように向上していくだけ」。

 今季の活躍で自信を深めたセクストンが、来季どのような成長曲線を描くのか。来シーズン開幕まで、まだまだ長い時間があるものの、セクストンはオールスター級の選手となるべく、理想像を追いかけてハードなトレーニングをこなしていくに違いない。

2019-20NBA通信簿選手編のバックナンバー