2020.07.29

“ストレッチ5”として大活躍するも、ケガに泣いたタウンズ/2019-20NBA通信簿選手編29

今季は自己最少の35試合のみの出場に終わったタウンズ[写真]=Getty Images
NBA好きが高じて飲食業界から出版業界へ転職。その後バスケットボール雑誌の編集を経てフリーランスに。現在はNBAやBリーグのライターとして活動中。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019-20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

2019-20シーズンNBA通信簿選手編29 カール・アンソニー・タウンズ

所属:ミネソタ・ティンバーウルブズ(ウェスタン・カンファレンス14位)
総合評価:C

■プロフィール
生年月日(年齢):1995年11月15日生まれ(24歳)
ポジション:センター
身長/体重:211センチ/112キロ
NBAキャリア:5年目
  
<今季ここまでの功績>
週間最優秀選手:1度

<2019-20シーズン 個人成績>
平均出場時間:33.9分
平均得点:26.5得点
平均リバウンド:10.8本
平均アシスト:4.4本
平均スティール:0.9本
平均ブロック:1.2本
フィールドゴール成功率:50.8%
3ポイント成功率:41.2%
フリースロー成功率:79.6%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:41分12秒(19年11月11日/対ナゲッツ)
得点:40得点(20年1月23日/対ブルズ)
リバウンド:17本(19年11月24日/対サンズ)
アシスト:9本(20年2月9日/対クリッパーズ)
スティール:4本(19年10月26日/対ホーネッツ)★(キャリアハイタイ)
ブロック:3本(19年10月24日/対ネッツ)
フィ―ルドゴール成功数:16本(20年1月23日/対ブルズ)
3ポイント成功数:7本(2度)★(キャリアハイタイ)
フリースロー成功数:11本(19年11月14日/対スパーズ)
★=キャリアハイ

今季もタウンズはパワフルかつ機敏な動きでディフェンス陣を何度も突破[写真]=Getty Images

自己最少の出場試合数に終わるも、リーグ有数の個人成績を残す

「我々はプロセスの中で、ガード志向のメニューを本当に多くこなした。まるで彼がガードかのようにワークアウトを行ってきたんだ。すべてのオプションを考えつつ、ボールを使ったドリルをいくつもこなしてきたよ。彼は皆を巻き込みたがっていたね。プレーオフへ進出するためには、チームゲームが欠かせないものなのさ」。

 昨年9月18日に『The Athletic』へ掲載された記事の中で、タウンズのトレーナーを務めるマット・マザーリがそう明かしたとおり、リーグ屈指の若手ビッグマンは自身のオールラウンドなゲームにより磨きをかけた。

 もともと機動力のあるタウンズは、昨夏のワークアウトでボールハンドリングを磨き、まるでガードかのような動きを身につけたのである。

 そうして迎えた今季。タウンズは開幕4戦目のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で好敵手ジョエル・エンビードと乱闘騒ぎを起こして退場処分を受け、2試合の出場停止処分となったものの、この点を除けばすばらしいパフォーマンスを見せていた。

 今では“ストレッチ5”という言葉を耳にする機会こそ増えたものの、11月19日のユタ・ジャズ戦では15本も3ポイントを放つなど、今季のタウンズは吹っ切れたかのように長距離砲を連発。

 ディープスリーやキャッチ&シュートだけでなく、狭いスペースからステップバックスリーをリングへ突き刺すなど多用。しかもそれが4割以上の高確率で決まるのだから恐ろしい。成功率は途中加入したマリーク・ビーズリー、フアン・エルナンゴメスに次ぐチーム3位で、成功数(平均3.3本)ではビーズリーに次ぐチーム2位を記録した。

 だが今季はチームがなかなか勝利を奪えず、タウンズ自身はケガに泣いたシーズンでもあった。12月中旬から左膝を痛めて15試合連続で欠場。その後12試合に出場するも、今度は2月中旬に左手首を痛めて無期限の離脱となり、そのままシーズンが中断。

 結局、タウンズのキャリア5年目は自己最少となる35試合の出場でフィニッシュ。規定数に届かなかったのだが、平均得点はリーグ10位、平均リバウンドではリーグ8位に相当する高順位であり、平均アシストはキャリアハイと、出場時のパフォーマンスは決して悪いものではなかった。

今季は平均7.9本もの3ポイントを放ちつつ、40%以上の高確率で沈めた[写真]=Getty Images

第二幕への道を絶たれたうえ、最愛の母が新型コロナによる合併症で逝去…
ショックから立ち直り、親友ラッセルと共にチームを勝たせることができるか?

 チームがウェスト下位に沈んだこと、そして自身もケガのため欠場が多かったため、昨年まで2年連続で選ばれていたオールスターゲームも今季は落選。近年、ヘッドコーチ投票で決まるリザーブ枠の選手は、プレーオフ出場圏内にいるチームの選手が多く選ばれる傾向にあるだけに、タウンズが選ばれなかったのは仕方ないのだが、ケガのためなかなかプレーできないことにフラストレーションがたまったのか、地元メディア『Star Tribune』へこう語っていた。

「不運にも今年のオールスターゲームは、リーグでベストな24選手が集まってはいないね。NBA入りしてからというもの、俺はずっと軽視され続けてきたんだ。今ではそのことにも鈍感になってきてるくらいさ。俺が取り上げられないのは、今に始まったことじゃない」。

 そしてタウンズは、選手としての自身の考えをこう述べていた。

「俺たちは毎晩、試合に勝つ方法を模索している。それはオールスターに出るためじゃないんだ。勝利を積み重ねてプレーオフに出場するため、NBAファイナルのためだ。そうすることによって、レガシー(コートで残した功績)を築くことができる。オールスターはファンにとって楽しく、最高の舞台だ。でも俺は、このロッカールームにいる皆のためにいる」。

 シーズン中断後、タウンズは4月に最愛の母ジャクリーン・クルズ・タウンズが新型コロナウイルスによる合併症のため他界するというショッキングな出来事もあり、苦しい時を過ごしてきた。

 現在は左手首のケガも回復したと地元メディアが報じており、オーランドで行われる第二幕へ参戦できなかったウルブズを含む8チームが参加するミニサマーリーグのようなエキシビジョンゲームにもタウンズは参戦できるかもしれないという。

 タウンズにとって、母親の死を乗り越えることは並大抵のことではない。だがいつかは乗り越えなければならないことは自身も自覚しているはず。ウルブズはチーム身売りのウワサが出ており、なかなか集中できない環境かもしれないが、タウンズには今年2月に加入した親友ディアンジェロ・ラッセルと共に、ウルブズを新たなレベルへと引き上げてほしいところだ。

今季途中に大幅なメスを入れ、ロースターを大きく入れ変えたウルブズ。来季に向けて巻き返せるか?[写真]=Getty Images

2019-20NBA通信簿選手編のバックナンバー