2020.07.30

JJ・レディックが宿泊するホテルの部屋にスター選手との“格差”があることを暴露

割り当てられる部屋のランクに格差があることを告白したレディック[写真]=Getty Images
某ストリートメディアのシニア・エディターを経験後、独立。ひとつのカルチャーとしてバスケットボールを捉え、スポーツ以外の側面からもNBAを追いかける。

 ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックが、NBA再開に向けて選手たちが宿泊する隔離施設、通称『バブル』における選手間の“格差”を暴露した。

 クレセント・シティでいぶし銀な活躍をするシューターは、13歳の少年が司会を務めるInstagramメディア『Global Kid Media』に出演。放送では現在宿泊する施設に言及する場面があり、レディックはそのなかでスーパースターたちが特別な扱いを受けていることを明かした。

この投稿をInstagramで見る

If you missed today's episode of "Global Kid Power Hour, watch this to see NBA star Shooting Guard who is currently with the New Orleans Pelicans.. . We start this conversation talking about his high school basketball state championship run. That's when reality started to set in with a lot of hate in his Duke days.. . He had to learn how to overcome that hate, a skill he has used to this day. We also touch on his podcast and future endeavors. Look out for this NBA great doing a lot more off of the court… . . . . . @jjredick @pelicansnba @nba @zo @zionwilliamson @sideshowjax_ @joeingles7 @jimmybutler @nolimitherro @d_bo20 @kyrieirving #jjreddick #pelicans #nba #basketball #bubble #orlando #leadership #podcast #inspire #amazing #versatile #dream #thursday #globalkidpowerhour #national #network #achieve #entertainment #globalkidmedia

Vedant Gupta(@globalkidmedia)がシェアした投稿 –

「映像で他のホテルに宿泊するスーパースターたちの部屋をいくつか見たけど、バブルの待遇は、全員が同じものとはとても言えないね」

「何人かの選手は、2、3部屋のベッドルームがある部屋に宿泊している。不幸にも、僕はそうじゃないし、それどころかキッチンさえない。でも、数名の部屋にはキッチンが備わっているんだ」

 そして、最後に冗談を交えながら、このように締め括った。

「僕はこのリーグで14年間もプレーしているが、お世辞にもいい部屋を割り当てられなかった。問題はないけどね(笑)」

 先日、ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッカラムは、同僚のデイミアン・リラードの30歳の誕生日を記念して、彼の部屋の前で写真を撮影していた。その扉には「プレジデンシャルスイート」の文字が。どんなホテルでも全室がスイートルームなわけはなく、コメント欄では「デイムはスイートが割り当てられているのか」「プレデンシャルでは物足りない、MVPでないと」など、誕生日と同様、エースの部屋にも注目が集まっていた。

 しかし、『ClutchPoints』によると、JJ・レディックを含め、選手たちはボロボロのモーテルの一室に泊まっているわけではないと指摘。割り当てられたホテルは全チーム、ディズニーワールド内でも最高ランクのホテルで、文句を言うほどひどいものではないとのこと。

 ただ、純粋なバスケットボールの上手さだけで部屋に格差があることが判明すれば、不満を持つ選手がいても不思議ではない。

文=Meiji