2020.08.02

ラプターズが再開初戦で勝利…ラウリーが33得点の活躍でレイカーズを破る

33得点を決めて勝利に貢献したカイル・ラウリー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 NBAは2日(現地時間1日)、シーディングゲーム(順位決定戦)3日目を行い、トロント・ラプターズとロサンゼルス・レイカーズが対戦した。

 試合はカイル・ラウリーのシュートでスタートし、その後ラプターズが立て続けに得点を決め、13-0とスタートダッシュに成功。対するレイカーズは、カイル・クーズマやマーキーフ・モリスといったセカンドユニットが反撃し、第1クォーターを23-21で終えた。第2クォーターは互いにシュートが決まらない展開となり、41-44とレイカーズがリードして試合を折り返した。

 後半はラウリーを中心にラプターズが攻め立て、第3クォーターに31点を決め72-70とリードして最後の12分間へ突入する。最終クォーターはラプターズが主導権を握り、ラウリーとOG・アヌノビーが3ポイントシュートを続々と沈めて残り2分31秒の時点で100-88と大きくリード。結局107-92でラプターズが勝利を収めた。

 ラプターズはラウリーが33得点と大活躍。チームとしても41.2パーセントの確率で3ポイントシュートを沈め、再開後初戦で勝利を収めた。