2020.08.07

トレイ・ヤングがカーターから受け取ったアドバイスについて「チームをさらなる領域へと導けるように助言してくれた」

今季限りで現役引退を表明したカーター(左)と期待の若手であるヤング(右)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

大ベテランのカーターがヤングへ送ったアドバイス

 今季でキャリア2年目を迎えたアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング。ルーキーイヤーからすでに注目を浴びていた選手だったが、今シーズンは平均29.6得点4.3リバウンド9.3アシストと、個人成績において飛躍的な成長を遂げた。さらにオールスターに初選出されるなど、順調にスターダムを駆け上がりつつある。

 個人でのパフォーマンスにおいて目覚ましい活躍をしている以上、今後はチームを勝たせられるかどうかがヤングにとって重要な課題になってくるだろう。今季のホークスは戦績20勝47敗とイースタン・カンファレンスの14位に沈んでおり、プレーオフのチャンスは失われた。だがチームにはキャメロン・レディッシュやケビン・ハーターといった有望な若手たちが在籍しており、これから先は強豪球団へと変貌していく可能性もある。

 そんな将来性あるチームの中心的な選手であるヤングだが、今季限りで引退を表明したキャリア22年を誇るビンス・カーターから、今後についてアドバイスを受け取っていたという。『Clutch Points』が報じている。「彼がこれまで僕にしてくれた助言のなかで、最高だと感じたのは今季オールスターに選出されたあとに受け取ったアドバイスだった。それはオールスターレベルのパフォーマンスを維持していくことが、今後自分は期待される、という内容だった」と、ヤングはコメント。

 ヤングは続けて、「彼は僕にそのことは心配しなくていいと言ってくれたんだ。ただ勝つことと、このチームをどのように次のレベルへと引き上げていくかについて集中するんだとアドバイスしてくれた」と、話している。「彼のようなベテラン選手がいてくれて、チームをさらなる領域へと導ける選手になれるように、彼は僕に助言を与えてくれた」と、つづっている。

 まだ21歳とキャリアが浅く、これから多くのことを期待されるヤング。大ベテランであるカーターから直接アドバイスを受け取れたことは、きっと彼の未来に大きな影響を与えるのではないだろうか。