2020.09.05

「どれだけ背が高いかは関係ない」。ハーデンやタッカーらの奮戦で先勝したロケッツ

レイカーズとのシリーズ初戦でゲームハイの36得点を奪ったハーデン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

ペリメーターの守備で相手選手たちを抑え込んだハーデン「ハートの強さを持ち、コートに出て競争者であればいいのさ」

「そうだ、俺は小さい。でも強いんだ。どんなプレーであろうと俺は戦っていく。(試合が)終わるまで戦うんだ。どんなことがあろうとね」(PJ・タッカー

「ショットが入らない時、俺たちは何かをよりどころにしている。それがディフェンスなんだ。俺たちはそれを見せてきた。OKC(オクラホマシティ・サンダー)とのシリーズでも、ショットがなかなか入らないゲームがあった。でも俺たちは自分たちのディフェンスで勝利を手にしてきた」(ジェームズ・ハーデン

 9月5日(現地時間4日、日付は以下同)に行なわれたロサンゼルス・レイカーズとヒューストン・ロケッツによるウェスタン・カンファレンス・セミファイナル初戦は、ロケッツが第4クォーターにレイカーズを突き放して112-97で勝利を収めた。

 203センチ以下の選手たちでローテーションを形成するスモールラインナップで戦うロケッツは、サイズで上回るレイカーズの選手たちを相手にコート上を暴れ回り、最大19点リードを奪う戦いでシリーズに先勝。

 196センチ111キロのタッカーは、主に208センチ114キロのアンソニー・デイビスと対峙する中、フィジカルの強さとフットワークを駆使して奮戦。約36分の出場で6得点9リバウンド2スティールという成績ながら、出場時間帯における得失点差で両チームトップの+19を記録。デイビス、そしてレブロン・ジェームズ相手にも当たり負けしない屈強な肉体を駆使して渡り合った。

 ハーデンはゲームハイの36得点に5アシストと数字を残しつつ、ディフェンスでも正対した相手選手のフィールドゴール成功率を25.0パーセント(4/16)に抑え込んでいたと『ESPN Stats & Info』が報じており、ディフェンスでも存在感を示していた。

 ロケッツはハーデンとタッカーのほか、ラッセル・ウェストブルックが24得点9リバウンド6アシスト、エリック・ゴードンが23得点、オースティン・リバースが10得点、ロバート・コビントンが6得点7リバウンド4スティールをマーク。

 今季ハーデンとウェストブルックで計60得点以上した試合でロケッツは27勝6敗(勝率81.8パーセント)と驚異的な戦績を残しているのだが、ハーデンはビッグラインナップを敷くレイカーズに対して「どれだけ背が高いかは関係ない。ハートの強さを持ち、コートに出て競争者であればいいのさ」とスモールラインナップで臨むチームに自信をのぞかせていた。

レイカーズが誇る大柄なフロントコート陣を相手に奮戦したタッカー[写真]=Getty Images

「俺たちはスモールで戦うから、肝っ玉の据わったプレーをしなきゃならない。ハードにプレーしなきゃいけないんだ」と語ったウェストブルックは、ブレイクの際にダニー・グリーンがコーナースリーを放とうとした際にもクローズアウトする徹底ぶり。

 そしてウェストブルックは「俺たちはここにいる。(どこにも)行ったりはしない。エクストラショットはさせない。彼は明日や試合前にショットを放つことはできる。でもチームメートたちは知ってるはずだ。俺がアドバンテージを与えることはないとね。相手には俺たちがいるということ、ショットを繰り出す時にはいつでも俺たちが正しいエリアにいることを知らせるのさ」と話していた。

 一方のレイカーズは、1回戦(対ポートランド・トレイルブレイザーズ)に続いてシリーズ初戦を黒星でスタート。デイビスが25得点14リバウンド3スティール3ブロック、レブロンが20得点8リバウンド7アシスト2ブロック、アレックス・カルーソが14得点4アシスト、グリーンが10得点、カイル・クーズマと今年のプレーオフ初出場となったラジョン・ロンドがそれぞれ8得点を残すも第4クォーターにリードを広げられることとなった。

 レブロンは「相手の持つスピードをシミュレートするなんて無理だ」とロケッツのスモールボールが誇るスピードに驚嘆していたが、これは一発勝負のトーナメントではなく、4戦先勝のシリーズ。百戦錬磨のベテランがそろうレイカーズは、7日に行なわれる第2戦に向けてアジャストできるよう、入念に対策を練ってくるのではないだろうか。

レイカーズの守備網をかいくぐってペイントアタックするウェストブルックも要注意だ[写真]=Getty Images