2020.09.19

ヒートに2連敗を喫したセルティックス、ゴードン・ヘイワードが第3戦で復帰か?

右足首ネンザで欠場していたヘイワードの復帰なるか?[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 2010年以来となるNBAファイナル、フランチャイズ史上18度目の優勝を見据えるボストン・セルティックスは、マイアミ・ヒートとのイースタン・カンファレンス・ファイナルを2戦終えてここまで2敗。

 初戦で14点リードしながら逆転負けを喫し、9月18日(現地時間17日、日付は以下同)に行なわれた第2戦も、最大17点差をつけながら逆転負けを喫したことで、試合後のロッカールームではマーカス・スマートジェイレン・ブラウンが激しい口論になるなど、ヒートアップしていたと複数の現地メディアが報道。

 『ESPN』によると、夜遅くにブラッド・スティーブンズHC(ヘッドコーチ)がチームのリーダー格を集めてミーティングをしたという。その場にはスマート、ブラウンに加え、ケンバ・ウォーカージェイソン・テイタムが呼ばれ、再びチームをまとめ上げるべく、話し合いの場を持ったようだ。

 そんな中、20日に行なわれるシリーズ第3戦を前に、セルティックスに朗報が届いた。グレード3の右足首ネンザを負っていたゴードン・ヘイワードの出場が“questionable(疑わしい)”になった。もしヘイワードが戦列復帰となれば、ベンチスタートで主にオフェンス面で期待がかかる。

 ヘイワードはフィラデルフィア・セブンティシクサーズとのプレーオフ1回戦初戦に同箇所を負傷。その時点で“おおよそ4週間”の欠場と診断されており、すでにその期間を経過していることから、ヒートとのシリーズ中に復帰する見込みとなっている。

 はたして、セルティックスはヒート相手に白星を飾ることができるのか。指揮官によるミーティングでチームが一丸となり、ヘイワードの復帰が起爆剤となればシリーズの流れを変えることができるかもしれない。