2020.09.25

バトラーがバブル内で起業したコーヒー屋が話題…価格は1杯2000円とお高めな設定

バブル内でバリスタとしても活躍するバトラー[写真]=Getty Images
某ストリートメディアのシニア・エディターを経験後、独立。ひとつのカルチャーとしてバスケットボールを捉え、スポーツ以外の側面からもNBAを追いかける。

 バブルにおいて台風の目となったマイアミ・ヒート。中心選手のジミー・バトラーはシカゴ・ブルズから移籍後、居場所を見つけられずにいたが、ようやくマイアミというフィットする球団と出会い、水を得た魚のようにコートを躍動し、ヒートをけん引している。バスケへ対するバトラーの情熱は、チームメイトの原動力となり、ルーキーのタイラー・ヒーローからは「バトラーをファイナルに連れて行きたい」という言葉も飛び出るなど、信頼も厚い。

 そんなバトラーが、本業の傍らで“新たなビジネス”を始めたことをご存知だろうか。

 最近、バトラーが試合会場へ入る際、片手にコーヒーカップを持っている様子をSNSなどで見かけた人も多いことだろう。

View this post on Instagram

☕️ Support Small Business! #BigFaceCoffee

A post shared by NBA on Campus (@nbaoncampus) on

 実はバトラー、このバブル内でコーヒービジネス、その名も「ビッグ・フェイス・コーヒー(Big Face Coffee)」を起業し、選手たちにコーヒーを振る舞っているのだ。

 ヒートの背番号22は、商標弁護士と提携して「ビッグ・フェイス・コーヒー」の商標登録を提出。弁護士のジョシュ・ガーバン曰く、バトラーは今月上旬、コーヒー、コーヒーショップ用の軽食類、コーヒー以外の飲料をはじめ、一般的なアパレルやマグカップなどのハウスグッズの製造・販売ができるよう、「ビッグ・フェイス・コーヒー」と同店のスローガンである「No I.O.U.’s」の商標を申請したとのこと。また、『Yahoo! Sports』によると、バトラーはこの商標申請に約43万円を費やしており、プレーと同様の本気度が伺えるという。

 バトラーは、バブルのホテルの部屋で、実際に「ビッグ・フェイス・コーヒー」を運営している。選手たちは手書きのボードにあるメニューから、バリスタ・バトラーが淹れたコーヒーをピックアップしているようだ。

 ラテ、アメリカーノ、モカ、カプチーノ、プアオーバー(ハンドドリップ)など、メニューは実に豊富。しかし、このご時世にキャッシュオンリーの現金主義で、さらにお値段は1杯20ドル(約2100円)となかなかにお高めの設定だ。

 バトラーは、キャリアを終えた後、コーヒーショップを経営することが夢であることを公言している。話題の新規ビジネスについて問われたバトラーは、「コーヒーを淹れる技術は日に日に向上している」と成長を実感。また、20ドルという値段設定については、「ここではコーヒーを手に入れるのが難しい」と稀少性に言及し、「だから、30ドルに値上げするかもしれない。ここにいる奴らは、それぐらい(金銭的に)余裕だろうからね」とさらなる値上げの可能性も示唆した。

 噂を聞きつけて、チームメイトのゴラン・ドラギッチも「ビッグ・フェイス・コーヒー」を訪問。しかし、不運にも、この日は休業日、または営業時間外だった模様。ドラギッチは、映像内で残念な素振りを見せながら、「スモール・フェイス・コーヒーに行くしかないな」とコメントしている。

 バトラーは、ヒート好調の秘訣を「互いの信頼」と語った。しかし、本当の秘訣は、バトラー隊長の情熱入りカフェイン飲料なのかもしれない。

 文=Meiji