2020.09.28

【NBAプレーオフ36日目】ヒートがセルティックスとの第6戦を制す、レイカーズの待つNBAファイナルへ

6年ぶりにNBAファイナル進出を決めたヒート [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月28日、「NBAプレーオフ2020」の36日目が行われた。

 ファイナルへ王手をかけたマイアミヒートは、セルティックスとの第6戦へ臨んだ。試合はバム・アデバヨにフリースローで先制点を記録。ジミー・バトラーもジャンプシュートで加点し、開始1分37秒時点で6-0とした。セルティックスもジェイレン・ブラウンがチーム最初の得点をマーク。開始5分51秒にマーカス・スマートに3ポイントシュートを許し、14-15とセルティックスがリードを奪った。それでもジェイ・クロウダーやタイラー・ヒーロが得点し、第1クォーターを33-27で終えた。

 続く第2クォーター、セルティックスはスマートを起点に得点。残り1分46秒にジェイソン・テイタムがシュートを沈め、56-55と逆転に成功した。それでも前半終了間際にゴラン・ドラギッチがフリースローを沈め、62-60でハーフタイムへ。

ファイナルを前に姿を消したセルティックス [写真]=Getty Images

 第3クォーターはどちらも譲らない試合運びを見せ、88-86と点差は変わらず最後の12分間へ。最終クォーターではセルティックスの猛追が始まる。ケンバ・ウォーカーのジャンプシュートで同点に追いつくと、ブラウン、ジェイソン・ティムタムも続き、開始2分45秒時点で90-96とされた。ヒートはタイムアウトで立て直しをはかり、残り6分41秒にアバデヨがダンクを沈め、98-97と再度リードを奪った。その後は一進一退の攻防が続くも、残り4分51秒にはダンカン・ロビンソンが相手を突き放す3ポイントシュートを沈め、107-102。ヒーローも続き、109-102とリードを奪った。その後は相手を寄せ付けず、最終スコア125-113でNBAファイナル進出を決めた。

【試合結果】
マイアミ・ヒート 125-113 ボストン・セルティックス