2020.10.25

ジョシュ・オッペンハイマーACが4年ぶりにバックスのコーチングスタッフに復帰へ

国内外のバスケ情報をお届け!

 10月24日(現地時間23日)、ミルウォーキー・バックスがアシスタントコーチ(AC)としてジョシュ・オッペンハイマーとの契約に合意したと『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。

 オッペンハイマーはこれまで、デュケイン大学、デラウェア大学、デポール大学、ケント・ステイト大学でACとしてコーチ経験を積み、2013-14から15-16シーズンまでバックスのラリー・ドリュー、ジェイソン・キッド(現ロサンゼルス・レイカーズAC)という指揮官の下でACを務め、一昨季までの2シーズンはヒューストン・ロケッツでACを務めていた人物。

 今季はジェームズ・マディソン大学でACとして働いていたのだが、今回4年ぶりにバックスのコーチングスタッフへ復帰することになった。