2020.11.25

昨季のMIP、ブランドン・イングラムがペリカンズと5年約164億円のマックス契約に合意

オールスターフォワードがペリカンズ残留[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月25日。制限付きフリーエージェント(FA)となっていたブランドン・イングラムがニューオーリンズ・ペリカンズと5年1億5800万ドル(約164億3200万円)というマックス契約で合意し、残留することになったと『ESPN』が報じた。

 イングラムは昨夏アンソニー・デイビスとのトレードでロンゾ・ボールやジョシュ・ハートらと共にロサンゼルス・レイカーズからペリカンズへ移籍。昨季はエーススコアラーとしてペリカンズをけん引し、シーディングゲーム(順位決定戦)が行なわれた第二幕へ参戦する立て役者の1人となった。

 昨季はいずれもキャリアハイとなる平均33.9分23.8得点6.1リバウンド4.2アシスト1.0スティールをマークし、オールスター初選出に加えて最優秀躍進選手賞(MIP)も獲得。

 キャリア4年目となった昨季は3ポイントの数字を大幅に伸ばし、成功数平均2.4本、成功率39.1パーセントはいずれも自己最多。最初の3年間で計127本だったものの、昨季だけで150本を沈めてみせた。

 スタン・バン・ガンディHC(ヘッドコーチ)を迎えたペリカンズは、4チーム間のトレードでドリュー・ホリデーを失うも、エリック・ブレッドソースティーブン・アダムズというベテランを獲得。ザイオン・ウィリアムソンやJJ・レディック、ボールにハートといった選手もおり、楽しみなチームとなっている。

 イングラムには昨季に続いてエース格を務めることが期待されており、今季は自身初のプレーオフへと進むべく、昨季と同等いやそれ以上の活躍が求められることになりそうだ。

BASKETBALLKING VIDEO