2021.01.27

ホークスが連勝中のクリッパーズを撃破…トレイ・ヤングが38得点と躍動

3本の3ポイントを含む、38得点5アシストをマークしたヤング[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月27日(現地時間26日)、アトランタ・ホークスがホームでロサンゼルス・クリッパーズとの一戦に臨んだ。

 第1クォーターは互いに低調な立ち上がりとなり22-21とホークスがリードで終了。3ポイントの精度に苦しみスコアを伸ばせずにいる中、クリント・カペラが9リバウンドと存在感を放った。

 続く第2クォーター、序盤にクリッパーズが逆転を許すことに。レジー・ジャクソンやサージ・イバカを止めきれずに点差を広げられ、43-48とクリッパーズにリードされたまま試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、ホークスが徐々に点差を縮め、残り3分52秒のトレイ・ヤングのフリースローで再逆転すると、ヤングがさらに3ポイントシュートを2本連続で沈めて一気に点差を広げる。6点差で迎えた第4クォーターも勢いを保ったまま逃げ切り、108-99でホークスが勝利した。敗れたクリッパーズは連勝が7でストップした。

 ホークスは後半だけで26得点を記録したヤングが両チーム最多の38得点。ディアンドレ・ハンターが22得点で続き、ジョン・コリンズが11得点11リバウンド、クリント・カペラが13得点18アシストとダブルダブルを記録した。

 クリッパーズはホークスを上回る7人が2ケタ得点をマークし、イビツァ・ズバッツが20分未満の出場ながら13得点10リバウンドのダブルダブルを記録するも、敗戦を喫することとなった。

BASKETBALLKING VIDEO