2021.02.23

ウィザーズがレイカーズとの延長戦を制す…八村は先発出場し15得点を記録

八村塁とレブロン・ジェームズのマッチアップでも注目を集めた [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月23日(現地時間22日)、NBAでは各地で7試合が行われ、ワシントン・ウィザーズはアウェーでロサンゼルス・レイカーズと対戦した。

 第1クォーターはレイカーズに先行される展開が続くも、ウィザーズはブラッドリー・ビールが早くも2ケタ得点の活躍で食らいつき23-33で終了。続く第2クォーターはレイカーズのモントレズ・ハレルに活躍を許し、一時は16点差をつけられる。八村塁ラッセル・ウェストブルックが奮闘するも、49-63と差を広げられハーフタイムへ。

 第3クォーターは勢いを取り戻したウィザーズがビールらの得点で追い上げを見せ、点差を詰めて80-86で終える。第4クォーターは勢いをそのままにウェストブルックが猛攻を仕掛け、一気に同点に追いつき、さらに逆転に成功。しかしその後は互いに激しい点の取り合いとなり、115-115でオーバータイムに突入。

 オーバータイムでは、ビール、ウェストブルックが共に得点を30点台に乗せる活躍を見せ、最後まで粘るレイカーズに127-124で勝利した。

 ウィザーズはビールが33得点、ウェストブルックが32得点14リバウンドを記録。八村は先発出場し、15得点と安定した活躍を見せた。一方のレイカーズはアンソニー・デイビスが欠場。レブロン・ジェームズが31得点、ハレルが26得点を記録するなど激戦となるも、わずかに抜け出したウィザーズに軍配が上がった。

■試合結果

ワシントン・ウィザーズ 127-124 ロサンゼルス・レイカーズ

WAS|23|26|31|35|12|=127

LAL|33|30|23|29|9|=124

BASKETBALLKING VIDEO