2021.03.31

セルティックスデビュー戦で無得点に終わったフォーニエ「チームの勝利を助けたい」

今季終了後にFAとなるフォーニエ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月26日(現地時間25日、日付は以下同)のトレードデッドラインに、オーランド・マジックからボストン・セルティックスへ移籍したエバン・フォーニエが、30日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦でセルティックスデビューを飾った。

 だがフォーニエはベンチスタートで32分33秒コートに立つも、フィールドゴール0.0パーセント(0/10、うち3ポイント5本)でまさかの無得点。2リバウンド2スティール2ブロックと、ハッスルプレーで貢献したものの、チームも109-115で敗れることに。

 201センチ92キロのスイングマンは、今季終了後に制限なしフリーエージェントとなる。ダニー・エインジGM(ゼネラルマネージャー)はフォーニエとの再契約について楽観視していると話しているのだが、フォーニエ本人は現状について『BOSTON GLOBE』へこう話していた。

「当然、そうしたいとは思うよ。でも正直、僕はそのことについてフォーカスしてはいない。今フォーカスしているのは、(新たなチームで)プレーの数々、チームメートたちとどうやってプレーするかを学び、試合に勝つこと。ここで成功すること、チームの勝利を助けてインパクトを残すことができれば、(再契約に向けて)大きく前進するだろうね。でも僕は今この瞬間に集中して、チームの勝利を助けたい」。

 セルティックスデビュー戦でまさかの無得点に終わったフォーニエについて、ブラッド・スティーブンズHC(ヘッドコーチ)はこう語っている。

「我々はもう1人のウイングを必要としていた。それはまさに彼がやってきたことをこなせる選手であり、我々は幸運なことに獲得することができた。彼はベテランであり、これまでにも対戦してきた。彼もこのチーム相手に何度もプレーしてきたんだ。このチームは彼の持つ強みを欲しており、それ以外のことは心配していない」。

 マジックではニコラ・ブーチェビッチ(現シカゴ・ブルズ)に次ぐセカンドオプションとして安定した活躍を見せてきたフォーニエ。新天地セルティックスではベンチスタートとなるものの、得点面でも本来の実力を発揮したいところだ。

BASKETBALLKING VIDEO