2021.05.07

オスカー・ロバートソンがウェストブルックについて「記録を達成してほしい」

今季も平均トリプルダブルを達成しているウェストブルック[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

ロバートソンがウェストブルックのパフォーマンスについて言及

 5月7日(現地時間6日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが今シーズン34回目のトリプルダブルを達成。勝利したトロント・ラプターズとのゲームで13得点17リバウンド17アシストを記録し、レギュラーシーズン通算トリプルダブル記録を「180」回へと伸ばした。

 こうしてオスカー・ロバートソン(元ミルウォーキー・バックスほか)が保持する181回に並ぶまで、あと1回に迫ったウェストブルック。シーズン後半からギアを上げていくと驚異的なスピードでトリプルダブルを量産し、いよいよ歴史的な瞬間が訪れようとしている。

 ウェストブルックのパフォーマンスと記録に多くの注目が集まるなか、6日に『Fade Away World』によると、ロバートソン自身がウェストブルックについて言及したそうだ。

「彼には記録を達成してほしいと思うし、バスケットボールにおけるエリートプレーヤーの1人だ」と、ロバートソンはコメント。またウェストブルックに対する周囲の批判についても触れ、「優勝経験がないからといって彼を批判するスポーツライターたちがいるが、それはばかげていると私は思う。単に自分の力だけではなく、優勝には優れたマネジメントが必要とされるんだ。適切な選手たちが集まることが重要だ」と、語っている。

 現在ウェストブルックは平均21.9得点11.3リバウンド11.3アシストを記録し、今シーズンはすでにキャリア通算4度目となる平均トリプルダブルも確定している。現代のミスタートリプルダブルとして、果たしてどこまで記録を伸ばしていくのだろうか。

BASKETBALLKING VIDEO