2021.07.16

ビールの離脱についてバム・アデバヨ「誰にも起きてほしくないこと」

エキシビションゲーム3試合をプレーしたビール(右)は東京五輪を不参加に[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

アメリカ代表は今後新たなメンバーを探すことに

 7月16日(現地時間15日、日付は以下同)、USAバスケットボールは、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)の東京オリンピックの不参加を発表した。ここまでエキシビションゲーム3試合にスターターとして出場して活躍していたビールだが、15日に安全衛生プロトコル入りしたことが報道されており、今回アメリカ代表から離脱することが明かされた。

 14日のアルゼンチン代表とのエキシビションゲームでも、17得点をマークするなど勝利に貢献していたビール。そのスコアラーを失ったことは、今大会で4連覇を目指すアメリカにとって大きな痛手となる。『NBC Sports Washington』のチェイス・ヒューズ記者によれば、代表選手の1人であるバム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)が、「こういった出来事は、誰にも起きてほしくないことの1つだと思う」と、ビールの離脱についてコメントしたそうだ。

 アデバヨは現在のビールの症状についても言及し、「状態は良好だと彼は話していた。症状はないと言っていたよ」と、述べている。またドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)は、「(離脱にはなったが)今でも彼はチームに関わってくれている。だから彼も一緒に金メダルを受け取ることができたらと思う」と、語った。やむを得ず代表チームから離れることになったビールだが、連絡を取り合うなどしてチームを支えているのかもしれない。

 代表ロスターが1つ空いたアメリカだが、ここから新たなメンバーを探して枠を埋める必要がある。『Houston Chronicle』によれば、代役の候補としてクリスチャン・ウッド(ヒューストン・ロケッツ)の名が挙がっているとのこと。また『The Philadelphia Inquirer』によると、USAバスケットボールは、トバイアス・ハリス(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が代役として出場できないかどうかを、現在調べているそうだ。

 思いがけない出来事に直面したアメリカだが、新しい選手を迎え入れることで、あらためて優勝に向けて動きだしていくことだろう。

BASKETBALLKING VIDEO