2021.07.28

NBAが2021-22シーズンの主な日程を発表、プレーイン・トーナメントも継続へ

国内外のバスケ情報をお届け!

 7月28日(現地時間27日、日付は以下同)。NBAは2021-22シーズンの主な日程を発表した。

■NBA2021-22シーズンのスケジュール(日付はいずれも日本時間)
<2021年>
8月3日:フリーエージェントとの交渉解禁
8月7日:フリーエージェントとの契約解禁
8月9日~18日:サマーリーグ(ラスベガス)
9月29日:トレーニングキャンプ開始
10月20日:レギュラーシーズン開幕

<2022年>
2月19日~21日:NBAオールスター2022(クリーブランド)
4月11日:レギュラーシーズン終了
4月13日~16日:プレーイン・トーナメント
4月17日:プレーオフ開幕
6月3日:NBAファイナル第1戦
6月20日:NBAファイナル第7戦(3勝3敗になれば)
6月24日:NBAドラフト2022

来季は従来どおりの日程、プレーイン・トーナメントは来季も継続

 昨季NBAは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、20年3月中旬にレギュラーシーズンを中断。その後同年7月末からバブル(隔離された地域)にてシード順をかけたシーディングゲームとプレーオフを実施。

 だが今季は、10月中旬まで行なわれた昨季から約2か月後の12月下旬に、72試合の短縮シーズンとして開幕。今年3月にオールスターブレイクこそあったものの、オールスターを1日だけ設けてオールスター本戦、スキルズチャレンジ、3ポイントコンテスト、スラムダンクコンテストも開催。7月下旬に終えるスケジュールとなったのは、現在開催されている東京オリンピックへ選手たちを送り込むことが要因とされていた。

 その点、来季は従来どおりの日程と言っていいだろう。レギュラーシーズンの試合数は本来の82試合と正式には発表されていないものの、その可能性が濃厚だ。また、今年大盛り上がりを見せたプレーイン・トーナメントは、今季と同様のフォーマットで来季も行なわれることとなった。

 これにより、各カンファレンスで上位10チームに入ればプレーオフ出場の可能性が残るため、シーズン終盤も順位争いが盛り上がり、プレーインゲームという一発勝負も白熱した展開が大いに期待できると言っていいだろう。

BASKETBALLKING VIDEO