2021.09.11

レイカーズHC「一番大きいのは、もうラッセルのプレーを恐れなくていいこと(笑)」

ウェストブルック加入についてボーゲルHCが語った[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 今夏の補強戦線で、ロサンゼルス・レイカーズはカーメロ・アンソニードワイト・ハワードトレバー・アリーザディアンドレ・ジョーダンといった数多くのベテラン陣を獲得し、レブロン・ジェームズアンソニー・デイビスの周囲に強力なサポーティングキャストをそろえることに成功した。

 とはいえ、最も強烈なインパクトを与えたのは、やはりラッセル・ウェストブルックの獲得だろう。レイカーズは5チームが絡んだ大型トレードで、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープという2020年の優勝メンバー、さらにはモントレズ・ハレルを放出し、稀代の万能型ポイントガードを獲得。

 32歳ながら依然として脅威の身体能力を発揮する男は、通算トリプルダブル数(184回)でNBA歴代最多を誇り、これまでオスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか/1度)しか記録していない平均トリプルダブルを4度も達成するという偉業を成し遂げている。

 9月9日(現地時間8日)にYouTubeへ公開された『Nitecast Media』のインタビューで、ニック・ハミルトンから「ウェストブルックを獲得して最もうれしいことは?」と聞かれたフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)はこう話していた。

「そうだね。一番大きいのは、もうこれから彼のプレーを恐れなくていいことかな(笑) それが一番だ。彼を自分のチームに加えることができて楽しみだ。彼は究極の競争者なんだ。何が何でも試合に勝つべくプレーする。(今シーズンから)自分のチームに彼がいてくれるから私はうれしいよ」。

 ボーゲルHCはこれまで、レイカーズだけでなくインディアナ・ペイサーズとオーランド・マジックでも指揮官を務めており、対戦相手としてのウェストブルックを警戒していたことは容易に想像できる。

 今季はそのウェストブルックがレブロンやデイビスと共にレイカーズの一員としてプレーする。ファンやメディアだけでなく、ボーゲルHCも自チームでプレーするウェストブルックが躍動することを楽しみにしているに違いない。

BASKETBALLKING VIDEO