2021.10.09

ウィザーズ指揮官が八村塁の現状について発言「今は必要なだけ、時間をかけてほしい」

チームへの合流が遅れている八村[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月9日(現地時間8日、日付は以下同)。ワシントン・ウィザーズのウェス・アンセルドJr.ヘッドコーチ(HC)はこの日行なわれたチーム練習後に八村塁の進捗状況を語った。

「(塁が)戻ってきた時、チームへ完全に馴染むには少々時間がかかるだろう。それはどの選手にとっても同じこと。今は必要なだけ、時間をかけてほしい。連絡は常に取り合っているんだ。現在の状況についても報告は受けている。戻ってこられる時に合流してもらう」。

 ウィザーズは6日に行なわれたヒューストン・ロケッツとのプレシーズン初戦を119-125で落としており、10日にニューヨーク・ニックス戦に臨むのだが、この試合からケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、デニ・アブディヤが出場予定。

 八村は個人的な事情のため、まだチームへ合流できておらず、プレシーズンゲームに出場できるかどうか、さらには21日のレギュラーシーズン開幕戦(対トロント・ラプターズ)でプレーできるかも不透明なのだが、指揮官はこのように期待を寄せている。

「私は(彼の合流を)とても楽しみにしている。チームの層がさらに厚くなる。(彼が加われば)チームのローテーション選手が10~11人になる。彼の存在というのは、このチームのロースターに柔軟性をもたらしてくれる」。

 ウィザーズは今夏ロースターを大幅に入れ替えたことで、昨季から今も残っているのは八村のほかではブラッドリー・ビールダービス・ベルターンストーマス・ブライアント(左膝前十字靭帯の部分断裂で離脱中)、ダニエル・ギャフォードハウル・ネト、アブディヤ、アンソニー・ギル、キャシアス・ウィンストン(左太腿裏の痛み)と、約半数が入れ替わっている。

 だが昨季よりも選手層は厚く、スペンサー・ディンウィディーカイル・クーズマ、コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルアーロン・ホリデーといった即戦力がいるため、八村不在により大幅な戦力ダウンとまではいかないだろう。

 とはいえ、指揮官が語ったように、八村がラインナップへ加わることで層は厚くなり、柔軟性が増すだけに、この男のチーム合流が待ち遠しいのは間違いない。

BASKETBALLKING VIDEO