2021.12.06

好調同士の戦いはジャズに軍配…渡邊は役割を遂行しラプターズの勝利に貢献/NBA

終盤に値千金の3ポイントシュートを決めたコンリー(左)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月6日(現地時間5日、日付は以下同)、NBAではレギュラーシーズンの4試合が行われた。

 好調同士の対戦となったユタ・ジャズとクリーブランド・キャバリアーズの一戦。ジャズの9点リードで迎えた最終クォーターだが、キャブスの猛攻を止められず終盤にはほぼ同点のスコアに。しかし、マイク・コンリーが3ポイントシュートを決めると最後はキャブスを守り切り、109-108でジャズが逃げ切って4連勝目を手にした。

 攻撃力を自慢とする2チームのゲームとなったシャーロット・ホーネッツ対アトランタ・ホークス。終始ハイスコアな展開が続いたが、ホーネッツはPJ・ワシントンが試合時間残り30秒でダンクを決めてリードを5点差とすると、最後はファウルゲームに持ち込み、ホーネッツが連敗を「3」でストップした。

 日本人所属チーム同士の対戦となったトロント・ラプターズ対ワシントン・ウィザーズ。ラプターズはエースのパスカル・シアカムが31得点6リバウンドと存在感を発揮し、渡邊雄太は3ポイントシュートを決めれば守備を徹底と自身の役割を遂行。前半にリードを作ったラプターズが102-90で白星を獲得した。

 ここまで5連勝と勢いに乗るヒューストン・ロケッツは、ホームでニューオーリンズ・ペリカンズと対戦。ロケッツはチーム全体で3ポイントシュートの確率が良く、クリスチャン・ウッドは6本中5本を成功するなど好調さを見せた。オフェンス力で押し切ったロケッツがまたしても勝利し、連勝を「6」に伸ばしている。

 6日の試合結果は以下の通り。

■12月6日試合結果 ※左側がホームチーム
クリーブランド・キャバリアーズ 108-109 ユタ・ジャズ
アトランタ・ホークス 127-130 シャーロット・ホーネッツ
トロント・ラプターズ 102-90 ワシントン・ウィザーズ
ヒューストン・ロケッツ 118-108 ニューオーリンズ・ペリカンズ

BASKETBALLKING VIDEO