2022.01.27

昨夏ヒートと再契約を結んだ元オールスターのビクター・オラディポが2月にも復帰か

昨夏ヒートと再契約したオラディポ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月26日(現地時間25日、日付は以下同)を終えた時点で、マイアミ・ヒートはイースタン・カンファレンス首位の30勝17敗。レギュラーシーズン47試合を消化した段階で、ジミー・バトラーが18試合、バム・アデバヨが25試合を欠場するなか、チーム全体で白星を手にしている。

 そして27日になってヒートに朗報が届いた。昨季途中にトレードで加入し、4試合の出場で平均12.0得点3.5リバウンド3.5アシスト1.8スティールを残していたビクター・オラディポが復帰に向けて前進していると地元メディア『Miami Herald』が報道。

 昨年5月。ヒートはオラディポが右膝の大腿四頭筋腱の手術を受けて離脱することを発表。昨夏フリーエージェントとなった元オールスターガードはヒートと1年の再契約を結んでいるのだが、ここ数日間のワークアウトが良好で、2月には今季初出場できるかもしれないと同メディアが報じている。

 一昨季にイーストを制し、NBAファイナルまで勝ち進んだヒートには、バトラー、アデバヨの周囲にカイル・ラウリーPJ・タッカータイラー・ヒーロー、ダンカン・ロビンソンといった選手たちがおり、オラディポが戦列復帰することで、ますます戦力が充実することとなるに違いない。

BASKETBALLKING VIDEO