2022.01.27

マブスの主力ガード、ティム・ハーダウェイJr.が左足の第5中足骨骨折で無期限離脱

ハーダウェイJr.が左足の第5中足骨骨折で無期限離脱へ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 ダラス・マーベリックスは27日(現地時間26日、日付は以下同)、ティム・ハーダウェイJr.が左足の第5中足骨を骨折したため、無期限で離脱すると発表した。

 現在29歳の同選手は196センチ93キロのガードで、2013年のNBAドラフトでニューヨーク・ニックスから1巡目全体24位指名を受けて入団。ルーキーシーズンは81試合の出場で10.2得点を挙げ、その年のオールルーキーファーストチームへ選出された。

 その後、2015年にアトランタ・ホークスへトレードされるも2017-18シーズンにニックスへ復帰。だが、2019年にクリスタプス・ポルジンギスがらみの大型トレードでマーベリックスへ移籍していた。

 今シーズンは20試合の先発出場を含む42試合の出場で、平均29.6分14.2得点3.7リバウンド2.2アシストを記録していたハーダウェイJr。現地の著名アスレティックトレーナー、ジェフ・ストッツ氏によると第5中足骨は復帰まで平均10〜11週間を要するという。

BASKETBALLKING VIDEO