2022.02.24

ニックスがケンバ・ウォーカーと今季残り試合を全休することで合意したと発表

今シーズンからニックスでプレーするケンバ・ウォーカー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 ニューヨーク・ニックスは24日(現地時間23日、日付は以下同)、ケンバ・ウォーカーと今シーズン残り試合を全休することに合意したと発表した。

 今シーズンからニックスでプレーする同選手は、183センチ83キロのポイントガード。開幕戦から先発PGを務めたものの、昨年12月にニックスを指揮するトム・シボドーヘッドコーチが同選手をローテーションから外すと明言し、9試合を欠場した。

 ケガ人続出の影響もあって昨年12月19日のボストン・セルティックス戦で復帰し、同24日のワシントン・ウィザーズ戦では44得点を記録するなどしていたが、2022年に入ってからは目立った活躍を見せていなかった。

 ニックスの球団社長を務めるレオン・ローズ氏は声明文で、「残りの試合を欠場し、来季へ向けて準備を進めるケンバの決定を全面的に支持する。彼のコートでの長期的な成功が私たちの優先事項であることには変わりない」と語った。

 なお、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、ニックスとウォーカーは今シーズンオフにトレードについて話し合いの場を持つ可能性があるという。

BASKETBALLKING VIDEO