2022.11.25

サンズ戦でエイトンを押し倒したパトリック・ベバリーへ3試合の出場停止処分

3試合の出場停止となったベバリー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月25日(現地時間24日、日付は以下同)。NBAはロサンゼルス・レイカーズのパトリック・ベバリーへ、3試合の出場停止処分を科したことを発表した。

 23日に行われたフェニックス・サンズ戦。ベバリーは第4クォーター残り3分55秒にオースティン・リーブスがデビン・ブッカーのフレグラントファウル1によってコートに倒れ、ボールを手にしたディアンドレ・エイトンが近づいていった際に背後からぶつかって押し倒し、テクニカルファウルの末に退場処分となっていた。

 キャリア11年目のベバリーは、今シーズンからレイカーズでプレーしており、ここまで14試合に出場して平均27.4分4.1得点3.9リバウンド2.9アシストを記録。

 だが今回の処分により、26、27日に行われるサンアントニオ・スパーズとのアウェー2連戦、29日にホームで開催されるインディアナ・ペイサーズ戦を欠場することとなる。

 出場停止処分期間は無報酬で、『ESPN』のボビー・マークスによると、ベバリーは26万8965ドル(約3711万7170円)を失うことに。

 ベバリーはロサンゼルス・クリッパーズ在籍時、2021年のプレーオフのカンファレンス・ファイナル第6戦で、サンズのクリス・ポールを背後から両手で押すという非スポーツマン的行為をしており、今回の処分はこうした過去の行為もベースとなって3試合の出場停止処分になったようだ。

BASKETBALLKING VIDEO