2023.10.02

攻防兼備のオールスターガード、ドリュー・ホリデーがトレードでセルティックスへ移籍

実力者ホリデーがイースト上位チームへ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月2日(現地時間1日、日付は以下同)。ボストン・セルティックスとポートランド・トレイルブレイザーズの2チーム間トレードが成立し、オールスターガードのドリュー・ホリデーがセルティックス移籍となった。

 2チーム間のトレード詳細は下記のとおり。
※以降チーム名は略称

■セルティックスとブレイザーズのトレード詳細

<セルティックス獲得>
ドリュー・ホリデー(ガード)

<ブレイザーズ獲得>
マルコム・ブログドン(ガード)
ロバート・ウィリアムズ三世(センター)
2024年のドラフト1巡目指名権(ウォリアーズ)
2029年のドラフト1巡目指名権

 ホリデーは9月28日に成立した3チーム間トレードでバックスからブレイザーズへ移籍していたものの、今回のトレードで優勝候補セルティックスへ加入することに。

 2021年にバックスで優勝した経験を持つ33歳のベテランガードは、オールスターに2度、オールディフェンシブチームに5度選ばれた実力者で、昨シーズンはバックスで平均19.3得点5.1リバウンド7.4アシスト1.2スティールをマーク。

 2021-22シーズンにイーストを制し、「NBAプレーオフ2023」ではマイアミ・ヒートとイースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦まで競り合ったセルティックスは、ジェイソン・テイタムジェイレン・ブラウンクリスタプス・ポルジンギスアル・ホーフォードデリック・ホワイトが所属しており、ホリデーという攻防兼備のガードを新たにロスターへ加えた。

 一方、3チーム間トレードでデイミアン・リラードをバックスへ放出したブレイザーズは、昨シーズンの最優秀シックスマン賞に選ばれたガードのブログドン、リムプロテクターのウィリアムズ三世に加え、2本のドラフト1巡目指名権を獲得することとなった。

BASKETBALLKING VIDEO