2019.04.13

八村塁、ジュリアス・アービング賞を受賞…NCAA年間最優秀SFに

NCAAの年間最優秀スモールフォワードに与えられる「ジュリアス・アービング賞」を受賞した八村 [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 日本代表の八村塁(ゴンザガ大学)が4月13日(現地時間12日)、NCAAの年間最優秀スモールフォワードに与えられる「ジュリアス・アービング賞」を受賞した。

 八村は大学3年目の今季、37試合に出場。NCAAトーナメントのエリート8で敗退を喫したものの、1試合平均19.7得点6.5リバウンド1.5アシストを挙げ、59.1パーセントのフィールドゴール成功率を記録した。アーリーエントリーでNBA入りするか注目を集めている。

 同賞は2015年からスタート。これまでスタンリー・ジョンソン(当時アリゾナ大学/現ニューオーリンズ・ペリカンズ)、デンゼル・バレンタイン(当時ミシガン州大/現シカゴ・ブルズ)、ジョシュ・ハート(当時ビラノバ大学/現ロサンゼルス・レイカーズ)、ミカル・ブリッジズ(当時ビラノバ大/フェニックス・サンズ )が選出されている。