2021.07.25

勝負強さを見せたオーストラリア…ナイジェリアを突き放して17点差快勝/東京オリンピック

25得点と躍動したミルズ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月25日、東京オリンピック バスケットボール男子の予選ラウンドがスタートし、グループBのオーストラリア代表(FIBAランキング3位)とナイジェリア代表(同22位)が対戦した。

 試合の立ち上がりは互角の攻防となるも、オーストラリアが相手のターンオーバーを誘発させる守備から効率よくスコアを伸ばしていき、徐々に試合の主導権を握る。それでもナイジェリアのオビ・エメガノに3ポイントを許すなど、リードを広げることはできず23-23で第1クォーターは終了。

 第2クォーターは開始直後にエメガノに3ポイントを決められ、以降はオーストラリアがナイジェリアを追いかける展開が続くことに。しかし、残り3分15秒にジョー・イングルスの3ポイントで点差を3点とすると、ダンテ・エクザムも豪快なダンクで続きリードを拡大。そのまま試合を優位に進めたオーストラリアが43-40と3点差で前半を終えた。

 後半開始直後、オーストラリアはマシュー・デラベドバとパティ・ミルズが続け様に3ポイントを沈めて一気に点差を広げる。その後はなかなかスコアを伸ばせない時間が続くも、ナイジェリアにも大量得点は許さず、58-52と6点のリードで最終クォーターへ。

 最後の10分間でも、オーストラリアはデラベドバやマティース・タイブルが3ポイントに成功。その後もスコアが伸び悩むナイジェリアを尻目に、着実にリングを射抜いて点差を広げていき、最終スコア84-67で白星を挙げた。

 勝利したオーストラリアはミルズが25得点と躍動。ナイジェリアは3選手が2ケタ得点を挙げるも、後半に突き放されて敗戦を喫することとなった。

■試合結果
オーストラリア 84-67 ナイジェリア
オーストラリア|23|20|15|26|=84
ナイジェリア|23|17|12|15|=67

BASKETBALLKING VIDEO