2019.08.31

FIBAによるワールドカップの名物ライター5人が予想した優勝チーム、大会MVPとは?

大会MVP候補に挙がったギリシャのアデトクンボ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月31日に中国で幕を開けた「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」(以降、W杯)は、2014年以来となる一大イベント。

 ここでは、W杯のホームページに掲載されていた名物ライター5人による優勝チーム予想とMVP予想を紹介したい。
※NBAチームの表記は略称

■5人のライターによる優勝チーム予想
1.アメリカ:2票
2.セルビア:1票
-.スペイン:1票
-.オーストラリア:1票

絶対的な本命不在の中、アメリカは大会史上初の3連覇なるか?

 大会史上初となる3連覇を目指すアメリカ代表が唯一2票を獲得。そのほかではセルビア、スペイン、オーストラリアと、見事に票が分かれており、今大会は絶対的な本命不在と言っていいだろう。

NBAデビューから2季連続で平均20得点以上を挙げているミッチェルの活躍も3連覇には不可欠[写真]=fiba.com

 ライター陣の意見としては「ビッグネームはいないものの、アメリカにはオールNBAサードチームのケンバ・ウォーカー(セルティックス)やオールスターのクリス・ミドルトン、元オールスターのブルック・ロペス(共にバックス)、エリートガードのドノバン・ミッチェル(ジャズ)がおり、ほかのどのチームよりもタレントが豊富だから、アメリカが制するだろう」という声があった。

 その一方で、「セルビアは前回のW杯(2014年)で2位、リオデジャネイロオリンピック(2016年)でも2位だった。今度こそ彼らが王者になる番だと思う」とセルビアを推すライターや、「2016年のオリンピックで、オーストラリアはスペインに敗れて銅メダルを逃したが、今回出場するチームの選手たちは国際大会で豊富な経験を積んでおり、コーチングスタッフも優秀。アメリカとも真っ向勝負できることを証明している」(いずれも抄訳)とオーストラリアを優勝候補に挙げるライターも。

 また、マルク・ガソル(ラプターズ)やリッキー・ルビオ(サンズ)といった複数のNBA選手を抱えるスペインの行方からも目が離せない。

■5人のライターによるMVP予想
ヤニス・アデトクンボ(ギリシャ/バックス)
ニコラ・ヨキッチ(セルビア/ナゲッツ)
ケンバ・ウォーカー(アメリカ/セルティックス)
マルク・ガソル(スペイン/ラプターズ)
パティ・ミルズ(オーストラリア/スパーズ)

覇権争いと同様に混戦模様、注目選手5人の中には八村を挙げるライターも

 昨季オールNBAファーストチーム入りを果たしたアデトクンボとヨキッチ、2連覇中の王者アメリカのエースを務めるケンバに加え、ベテランのガソルにミルズと、MVP争いも予想が難しいというのがライターたちの本音だろう。

NBA選手で構成されたアメリカ代表を相手に、ミルズはエキシビジョンゲーム第2戦で30得点をマークして勝利をもぎ取った[写真]=fiba.com

 個人成績を重視するのであれば、ギリシャを背負って立つアデトクンボとオーストラリアでエースを務めるミルズが優位にも思えるが、オールラウンドな成績が期待できるヨキッチとガソル、大事な試合や局面で一段階ギアを上げそうなケンバと、いずれもMVPに選ばれてもおかしくはない実力の持ち主なだけに、現時点でこれ以上MVP候補を絞るのは時期尚早か。

 一方、大会注目の選手として名前が挙がったのは、ジェイソン・テイタム(アメリカ/セルティックス)、ガソル、八村塁(日本/ウィザーズ)、ヨキッチ、ジョシュ・オコギー(ナイジェリア/ウルブズ)の5人。テイタムや八村、オコギーといった若手は、W杯をきっかけに一気にスターダムへと駆け上がる可能性もあるだけに、W杯でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。大いに期待したいところだ。

日本のエース、八村はトルコやチェコ共和国、そしてアメリカ相手にどのような活躍ができるか要注目だ[写真]=fiba.com