2019.09.02

田中大貴、世界舞台で経験の差を痛感「もっと仕掛けないといけない」

3本の3ポイントシュートを含む計11得点をマークした田中 [写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月1日に中国の上海で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の1次ラウンド第1戦が行われ、日本代表(FIBAランキング48位)がトルコ代表(同17位)を相手に67-86で敗れた。

 田中大貴アルバルク東京)は「試合の入りですごく大事にやろうと思っていたけど、うまく入れなくて、相手は気持ち良く伸び伸びとプレーしていたと思う」と、連続6得点を許すなど出遅れた試合序盤の出来を反省。「こちら側からもっと仕掛けていかないといけないし、後手になっていたら勝てないなと痛感した試合だった」と続けた。

 自身初となるワールドカップでの初戦を終えて、世界との差について次のように分析した。

「こういった舞台に慣れている選手が相手の方が多い。最初こっちがターンオーバーから入ったことも、どこかフワッと入ってしまった部分もあって。向こうも初戦ですごく締めて入ってきて、すごく経験の差はあると思う」

 エースの八村塁(ワシントン・ウィザーズ)も厳しいマークに遭い「思った以上にしっかり対策してきた」(田中)。「彼が嫌がるディフェンスをしてきて、彼に3、4人で潰しにかかるシーンがあったが、そこでもっとボールをさばけば、ノーマークでシュートを打てたんじゃないかなと。周りの選手のステップアップが必要だと感じた」とコメントした。

 田中はベンチから出場して、ニック・ファジーカス川崎ブレイブサンダース)、八村の15得点に続く11得点をマーク。3日のチェコ代表戦でも持ち味のディフェンスから得点を重ねる姿に期待したい。