2019.09.12

アメリカが屈辱の2連敗、序盤の大量ビハインドが響きセルビアに敗れる

国内外のバスケ情報をお届け!

 9月12日、中国にて「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の5-8位決定ラウンドが行われ、セルビア代表(FIBAランキング4位)がアメリカ代表(同1位)と対戦した。

 セルビアは、マイルス・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)に先制点を許すも、ニコラ・ミルチノフのダンクですぐさま反撃。すると、開始1分18秒からボグダン・ボグダノビッチ(サクラメント・キングス)が4連続で3ポイントシュートを沈め、開始4分2秒時点で14-2と大きくリードを奪った。その後もリズムよく得点を重ね、同クォーターを32-7で終えた。続く第2クォーター、アメリカの反撃に遭う。ケンバ・ウォーカー(ボストン・セルティックス)を中心に点差を詰められ、44-40でハーフタイムへ。

 第3クォーターは互いに点を取り合い、71-68で勝負の10分間へ。最終クォーターは、フリースローやウラジーミル・ルチッチの3ポイントシュートなどで、再度アメリカを突き放し、開始4分31秒時点で81-70と11点差をつけた。その後も、ネマニャ・ビエリツァ(キングス)やボグダノビッチを中心に逆転を許さず、最終スコア94-89で試合終了。勝利したセルビアのボグダノビッチは両軍最多の28得点をマークした。

 一方のアメリカは、11日に行われた決勝ラウンドクォーターファイナルのフランス戦に続き2連敗となった。

■試合結果
セルビア 94-89 アメリカ
SBR|32|12|27|23|=94
USA|7|33|28|21|=89