2019.09.13

2選手が“ダブルダブル”を記録したチェコ、ポーランドに競り勝ちセルビアとの最終戦へ

10点差でポーランドを下したチェコ[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月12日に中国で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の5-8位決定戦が行われ、チェコ代表(FIBAランキング24位)がポーランド代表(同25位)と対戦した。

 第1クォーターは23-23の互角で終えたが、次の10分間に入るとチェコは相手を12点に抑えこむ。攻めてはトーマス・サトランスキー(シカゴ・ブルズ)、ヤロミール・ボハチックを中心に計20得点。8点リードで試合を折り返した。

 第3クォーターは計28失点を喫し、同クォーター終了時点で1点差まで詰め寄られる。64-63でスタートした最終クォーターはシーソーゲームとなるも、試合終了残り3分21秒にオンジェイ・バルビンのバスケットカウントで2点リード。すると、終盤に連続得点をマークして抜けだし、最終スコア94-84で勝利を収めた。

 サトランスキーは計22得点12アシスト、バルビンは24得点12リバウンドの“ダブルダブル”を記録。チェコは14日の順位決定戦でセルビアと、敗れたポーランドはアメリカと対戦する。

■試合結果
ポーランド 84-94 チェコ
POL|23|12|28|21|=84
CZE|23|20|21|30|=94