2020.08.05

ファイナルMVPを受賞!? アマレ・スタウダマイアーは今、どこで何をしている?

現在はイスラエルの強豪に所属するスタウダマイアー[写真]=Getty Images
某ストリートメディアのシニア・エディターを経験後、独立。ひとつのカルチャーとしてバスケットボールを捉え、スポーツ以外の側面からもNBAを追いかける。

 ゴーグルのトレードマークと言えば、アマレ・スタウダマイアーが思い浮かぶ。NBAドラフト2002でフェニックス・サンズから1巡目9位指名を受けたSTAT(同選手の愛称)は、高卒ルーキーながらも同年の新人王を獲得。その後はニューヨーク・ニックスでも活躍し、NBAオールスターゲームにも通算6回出場している。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞当時のスタウダマイアー[写真]=Getty Images

 同選手は、マイアミ・ヒートでプレーした2015-16シーズンを最後に、一度は引退を表明。しかし、束の間の休息を終えると、イスラエルや中国を渡り歩き、国外で現役生活を続けていた。昨夏にはNBA復帰を目指し、複数球団のワークアウトに参加。ロサンゼルス・レイカーズやゴールデンステイト・ウォリアーズなどの強豪を含め、約12チームが視察に集まるほどの注目度であったが、結局リーグに復帰することはなかった。

 37歳を迎えたレジェンドは今、どこで何をしているのだろうか。そんな疑問がふと湧いた矢先、「アマレ・スタウダマイアーがファイナルMVPを受賞」というニュースが舞い込んできた。

 スタウダマイアーは現在、イスラエル・バスケットボール・スーパーリーグのマッカビ・テルアビブBCでプレーしている。

 マッカビ・テルアビブは、1954年に創立した同リーグで通算54度の優勝を誇る超名門。さらに、レアル・マドリード(スペイン)やCSKAモスクワ(ロシア)が所属するユーロリーグでも6回の優勝(準優勝9回)を成し遂げており、ヨーロッパでは言わずと知れた超強豪球団である。

 マッカビ・テルアビブは先日開催されたスーパーリーグのファイナルで、マッカビ・リション・レジオンを86-81で撃破。2017-18シーズンから3ピートを達成し、再びイスラエルに敵なしであることを証明した。

 この試合、スタウダマイアーはチームトップの18得点を記録。類稀な身体能力とバスケットセンスは健在で、何度も豪快なダンクを叩き込み、インサイドを制圧した。

 プレーの躍動感を見る限り、NBA復帰も夢ではないように思える。しかし、同選手はイスラエルで充実した人生を送っているようだ。

 Twitterのアカウント名は「@Amareisreal」となり、非営利芸能界団体「Creative Community for Peace」に対しては「このイスラエルの地で、自分らしくいられると感じている。追放されたと思う必要はない。なぜなら、僕は素晴らしい人生を送りたいからだ」とコメント。また、同国で「スタウダマイアー・ワインズ」というワインブランドを経営するなど、今後はイスラエルで余生を過ごす心持ちなのかもしれない。

 第二の人生を見つけたスタウダマイアー。来季もオンコートでのプレーが楽しみだ。

文=Meiji