2019.03.21

アルバルク東京の選手考案グルメ、第6弾は竹内譲次とシェーファーアヴィ幸樹! 23、24日の試合で限定販売

国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は3月23日と24日に行われるB1第29節の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦にて、第6弾となる選手プロデュースグルメを販売する。

 この企画は同クラブ所属の全選手が、それぞれ自分好みにお弁当1品をプロデュース。商品は各節のホームゲームで販売され、各選手2日間のみの限定販売となる。第6弾となる今回は、竹内譲次シェーファーアヴィ幸樹のビッグマン2名。竹内は『竹内談 BIGBAN級のおいしさ「ビビンパ KOREAndone」』と題したメニューを考案し、「キムチが好きで、キムチの中でも特にニンニクキムチが好きなのですが、匂いが気になる方もいると思うので、なんと無臭のニンニクを使用しています。ワンポイントで加えたニンニクキムチは食感も良く、全体的な彩りももちろん、野菜も取れてバランスの良いビビンパになりました!」と女性ファンへの配慮を忘れずにしっかりと商品をアピールした。

竹内考案の『竹内談 BIGBAN級のおいしさ「ビビンパ KOREAndone」』

 一方、アメリカ人の父と日本人の母を持つシェーファーは『最強タッグ「シェーファー流 カリカリ梅しらす丼」』をプロディースし、「ハーフなのでよく勘違いされることもあるのですが、お米や和食の方が好きで、昨年末まで通っていたアメリカの大学生活2年半くらいはとても日本食が恋しかったです。あっさりしていて食べやすく、爽やかな味になっているのでこの最強タッグを是非食べて味わってほしいです!」と紹介した。

シェーファー考案の『最強タッグ「シェーファー流 カリカリ梅しらす丼」』

 なお、販売場所は会場となるアリーナ立川立飛に出店されている「バスケットボールキング フードストア」で、価格は1000円(税込)。購入特典としてプロデュースした選手の名刺型カードがプレゼントされ、アタリが出れば対象選手のサイン入り色紙がゲットできる。