2020.06.02

富山グラウジーズが水戸健史と契約合意…在籍13シーズン目へ

契約継続が発表された水戸[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 富山グラウジーズは2日、水戸健史との契約合意を発表した。

 地元・富山県出身の同選手は、185センチ75キロのシューティングガード。2008年に当時bjリーグに所属していた富山から新人ドラフトで1巡目・全体2番目で指名され、入団。在籍12年目の今シーズンは、41試合の出場で214得点(平均5.2得点)64アシスト(同1.6アシスト)をマークした。

 富山で13シーズン目を迎える水戸は、クラブ公式HPで「来季もよろしくお願いします!今季よりも成長し、皆さんを元気づけられるようなプレーをします。そして、今まで12年間支えてもらった地元富山に恩返しがしたい。1人の富山県民として、自分に出来ることを考え、行動します。よろしくお願いします」とコメントしている。

 なお、富山は山口祐希宇都直輝前田悟松脇圭志の残留をすでに発表している。