2020.11.16

新潟アルビレックスBB、マーク・セントフォートとの契約満了を発表

新潟がセントフォートとの契約満了を発表[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 新潟アルビレックスBBは15日、マーク・セントフォートとの契約が満了し、自由交渉選手リストに公示したと発表した。

 バハマ出身で現在32歳の同選手は、200センチ95キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。ワーナー大学卒業後フランス、タイ、バハマなどでプレーし、2019年にさいたまブロンコスへ入団。今シーズン、「外国籍選手追加契約ルール」を活用してシーホース三河と契約したが、10月5日に退団。同9日に新潟への加入が発表され、同クラブでは11試合に出場し119得点(平均10.8得点)42リバウンド(同3.8リバウンド)を記録した。

 セントフォートは退団に際し、クラブ公式HPで「まずはチームメイトやコーチ、マネージャースタッフに新潟でプレーする機会をくださったこと、そしてあたたかく迎えてくれたことに感謝しております。ブースターの皆さんへ、いつも私をサポートしていただきありがとうございました。時にはアウェイの試合でも応援に来られている方もいて非常にうれしかったですし、皆さんの前でプレー出来ることがとてもうれしかったです。残りのシーズンの新潟アルビレックスBBの活躍を祈っています」とコメント。

 新潟の小菅学社長は「開幕2節目の琉球戦から本日の北海道戦までの短い間でしたが、チームに必要な仕事を本当に頑張ってくれました。マーク・セントフォート選手に心から敬意を表すとともに、これからの益々の活躍を祈念いたします。マーク、ありがとう!」と感謝を述べた。