2018.05.26

田中大貴、ファイナルMVPを受賞「チームみんなでがんばった」

ファイナルで15得点をマークした田中 [写真]=山口剛生
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月26日に横浜アリーナで行われた「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18」ファイナルで、アルバルク東京千葉ジェッツを相手に85-60で大勝した。

 一発勝負のファイナルでMVPに輝いたのはA東京の田中大貴。先発出場した背番号24は、第1クォーターからアレックス・カークとのコンビで攻撃をけん引する。試合終了残り3分14秒には相手の息の根を止める、22点差に広げる3ポイントを沈めた。

 試合をとおして、23得点のカークに次ぐ15得点を挙げ、チームトップの5アシストを記録した田中。試合後のヒーローインタビューで「1年間、ルカ(パヴィチェヴィッチ)ヘッドコーチの下で、きつい練習をみんなで耐えて、結果が出てうれしく思う。緊張して、無事に終わってホッとしている。自分だけじゃなくて、チームみんなでがんばったと思う。どんな状況になろうと崩れずに、自分が引っ張ってやろうという思いがあった」とコメントした。

この試合の他の記事