2018.12.12

大阪エヴェッサは“借金”を減らしたい、滋賀レイクスターズは前回対戦のリベンジへ

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

大阪エヴェッサvs滋賀レイクスターズ(@池田市五月山体育館)
12月12日19時5分

 11月は同一カード連勝と連敗を繰り返した大阪エヴェッサ。前々節で連勝して迎えた前節のサンロッカーズ渋谷戦は連敗し、12月に入ってもジンクスどおりの結果となってしまった。なかなか“借金”が減らない状況を打破するためにも、まずは今節を勝利しておきたい。

 SR渋谷との対戦は、互いにディフェンスでは一定の結果を残している顔合わせ。その一方で、開幕当初にオフェンス面に難を抱えていた状態から脱しつつある状況も共通していたが、今回の対戦は2戦ともロースコアだった。大阪は1戦目のすべてのクォーターで15点以下、トータルで50得点しか取れなかった。2戦目は第2クォーターに24得点を挙げたが、第3クォーターで8得点と沈黙し、結局58得点に終わっている。得点源のエグゼビア・ギブソンに代わってベンチ入りしたジャマール・ソープが2戦計6得点。やはりギブソンを欠くとオフェンス面は苦しい。

 今節の対戦相手である滋賀レイクスターズは、5連敗とさらに厳しい状況だ。三遠ネオフェニックスとの1戦目は3ポイントがわずか2本と弱点を露呈。2戦目は伊藤大司に加えて高橋耕陽二ノ宮康平も欠場する非常事態だったが、代わってスターターに名を連ねた西裕太郎のハッスルで延長に持ちこむ粘りを見せた。最後は1点及ばなかったものの、西同様に出場時間を伸ばした紺野ニズベット翔中村功平も光る活躍を見せ、チームとしてステップアップした印象もある。

 第3節の対戦では大阪が4点差で白星。ホームを守れなかった滋賀はリベンジに燃えるだろう。前節2戦目で37得点をマークしたチーム得点王のガニ・ラワルや、同じく前節2戦目で45分フル出場して17得点の狩野祐介の活躍は不可欠。古巣との対戦になる西のさらなるハッスルも必要だ。そして何より、前節2戦目に痛恨のフリースローミスでヒーローになるチャンスを逃した鹿野洵生には、その悔しさを晴らす活躍を期待したい。

文=吉川哲彦

■ロースター
・大阪(ヘッドコーチ:穂坂健祐)
今野翔太
長野誠史
藤高宗一郎
ファイ・パプ月瑠
根来新之助
木下博之
合田怜
ジャマール・ソープ
エグゼビア・ギブソン
熊谷尚也
畠山俊樹
ジョシュ・ハレルソン

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
西裕太郎
二ノ宮康平
紺野ニズベット翔
樋口大倫
高橋耕陽
荒尾岳
ガニ・ラワル
狩野祐介
伊藤大司
ディオール・フィッシャー
鹿野洵生
中村功平

この試合の他の記事