2019.02.09

地区首位対決第1戦は千葉ジェッツに軍配、敵地で琉球ゴールデンキングスを退ける

12得点4アシストと攻守にわたり活躍したマイケル・パーカー[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月9日、各地でB1リーグ第24節が行われ、沖縄市体育館では東地区首位の千葉ジェッツが西地区首位の琉球ゴールデンキングスと対戦した。

 第1クォーターは、終了間際に3ポイントのバスケットカウントを許し、16-20で終了。続く第2クォーターは原修太田口成浩の得点などで残り3分55秒時点で28-27と逆転に成功する。計21得点を積みあげると、守っては相手を10得点に抑え、37-30で試合を折り返した。

 第3クォーター残り3分56秒時点で50-45とされるも、ジョシュ・ダンカン西村文男の得点で応戦し、11点リードで勝負の10分間へ。第4クォーターはダンカンが放った6本のシュートをすべて決める活躍で10得点をマーク。終始リードを保ったまま試合を進め、最終スコア76ー62で勝利を収めた。

【試合結果】
琉球ゴールデンキングス 76-62 千葉ジェッツ (@沖縄市体育館)
琉球|20|10|12|20|=62
千葉|16|21|16|23|=76

この試合の他の記事