2019.02.11

滋賀レイクスターズに新戦力、NBA通算181試合に出場したウォーカーと契約基本合意

NBAでの豊富な経験を持つウォーカーが滋賀に加入[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 滋賀レイクスターズは2月11日、NBA経験のあるヘンリー・ウォーカーとの契約基本合意を発表した。

 アメリカ出身のウォーカーは、198センチ100キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。カンザス大学在籍時の2008年にアーリーエントリーでワシントン・ウィザーズから2巡目47位指名を受ける。ドラフト指名直後にボストン・セルティックスにトレードされると、その後はセルティックス、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートでプレー。NBA通算181試合に出場し、Dリーグ(現Gリーグ)、ベネズエラ、ウルグアイなどでもプレーした経験がある。

 ウォーカーは加入に際し、クラブ公式HPをとおして「日本のバスケットボールカルチャーを経験できるということがとても楽しみです。苦しい状況にあるチームを助ける機会をいただいたことに感謝しています」とコメントした。

 代表取締役兼GMの西村大介氏は「ウォーカー選手は横幅のあるパワフルな体格ながら、確率の高い3Pや鋭いドライブを得意としている得点力のあるオールラウンダーです。ほかの選手との組み合わせ次第で多彩なオフェンスが可能になります。また、NBAでも実績のある選手なので、経験をチームに還元し、この苦しい状況を打開する起爆剤となってくれることを期待します」とコメントした。