2019.03.13

ギアを上げたいシーホース三河、好調を維持する岡田侑大の活躍に期待

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

シーホース三河vs三遠ネオフェニックス(@ウィングアリーナ刈谷)
3月13日19時5分

 前々節2戦目で横浜ビー・コルセアーズに土をつけられたシーホース三河は、前節の栃木ブレックス戦も元気なく連敗。中地区2位の川崎ブレイブサンダースとは5勝差がついてしまった。同4位の富山グラウジーズとの差も1つ縮まり、ワイルドカード争いも3位という状況。3シーズン連続のチャンピオンシップ進出へ、ここからギアを上げることができるか。

 栃木戦は2戦とも20点以上の差をつけられた。1戦目は40分間を通じて高確率でシュートを決められて98失点。第4クォーターで7得点と不安定だったオフェンスは、2戦目でさらに沈下した。前日に第1クォーターの10分間で挙げた33得点を取るのに30分かかり、最終的に今季の1試合平均を20点以上下回る56得点。金丸晃輔が前々節に続いて欠場したのに加え、桜木ジェイアールが欠場したことも響いた。

 三遠ネオフェニックスはさらに厳しい状況だ。アルバルク東京戦は1戦目が30点差、2戦目が24点差の完敗。2戦ともに3ポイント成功が1本、フリースロー成功が4本しかなく、2戦計106得点しか挙げられなかった。これで7連敗となったが、特に直近4試合に限れば1試合平均56.3得点。ディフェンスのいい相手だったとはいえ、オフェンスに難を抱えているのは明らかだ。

 今季はまだ第20節に顔を合わせたのみで、次々節と第35節にも組まれているこのカード。金丸と桜木が計54得点を挙げ、94-89というハイスコアで三河が制した前回の対戦は、岡田侑大が12得点でキャリア初の2ケタを記録した試合でもある。その試合以来、岡田は12試合中9試合で得点を2ケタに乗せ、前節もディフェンスの強固な栃木を相手に1戦目は19得点、2戦目はチームの56点のうち21点を稼ぐなど完全にBリーグのレベルにフィットした。マッチアップの可能性が高い岡田慎吾川嶋勇人長谷川智伸は攻守両面でプロの先輩としての意地を見せる必要がある。

文=吉川哲彦

■ロースター
・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
ジェームズ・サザランド
ケネディ・ミークス
狩俣昌也
アイザック・バッツ
村上直
森川正明
西川貴之
金丸晃輔
松井啓十郎
加藤寿一
岡田侑大
桜木ジェイアール
生原秀将
熊谷航

・三遠(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
ジョシュ・チルドレス
寺園脩斗
川嶋勇人
長谷川智伸
渡邊翔太
太田敦也
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
鈴木達也
菅野翔太
セドリック・シモンズ
ウィリアム・マクドナルド
田渡修人
近藤崚太

この試合の他の記事