2019.03.17

三遠ネオフェニックスが10試合ぶりの白星、大阪エヴェッサを下して連敗脱出

チルドレスを筆頭に先発出場の5人が2ケタ得点の活躍 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月17日に豊橋市総合体育館でB1リーグ第28節第2戦が行われ、9連敗中の三遠ネオフェニックス大阪エヴェッサと対戦した。

 0-4のランで始まった第1クォーターだが、太田敦也、セドリック・シモンズ、川嶋勇人、ジョシュ・チルドレスの連続得点で逆転。終盤には鈴木達也がレイアップ、3ポイントを決め、12点のリードを奪った。

 第2クォーターはわずか9得点しか奪えなかったものの、第3クォーターでチルドレスの8得点を含む一挙28得点。最後の10分間は残り3分50秒の時点で5点差まで詰め寄られたが、最終スコア77-69で勝利を収めた。チルドレス、川嶋、太田、鈴木、シモンズの先発出場5人全員が2ケタ得点をマーク。第23節第1戦以来10試合ぶりの白星を手にし、連敗から抜けだした。

【試合結果】
三遠ネオフェニックス 77-69 大阪エヴェッサ(@豊橋市総合体育館)
三遠|25|9|28|15|=77
大阪|13|21|16|19|=69