2019.04.29

群馬クレインサンダーズが決勝進出、熊本ヴォルターズは3位決定戦へ…横浜ビー・コルセアーズのB1残留決定

熊本との第3戦を制した群馬 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月29日に熊本県立総合体育館で「B2 PLAYOFFS 2018-19」準決勝第3戦が行われ、群馬クレインサンダーズ熊本ヴォルターズと対戦した。

 第1クォーターはトーマス・ケネディ古牧昌也などの活躍で23-20と3点をリードしたものの、続く第2クォーターはわずか9得点しか奪えず。17失点を喫し、32-37で試合を折り返した。

 後半は第3クォーターでわずかに点差を縮め、第4クォーター開始から小淵雅佐竹宥哉アブドゥーラ・クウソー佐藤文哉の得点で12-0のランに成功。中盤以降は相手に詰め寄られる時間があったものの、最終スコア73-72と1点差で逃げきった。

 この結果、群馬は信州ブレイブウォリアーズとのファイナルに進出。熊本は島根スサノオマジックとの3位決定戦に進み、B1昇格を懸けて争う。また、ライジングゼファー福岡と入れ替わりで1チームのみがB1に昇格することになるため、横浜ビー・コルセアーズのB1残留も決定した。

【試合結果】
熊本ヴォルターズ 72-73 群馬クレインサンダーズ(@熊本県立総合体育館)
熊本|20|17|18|17|=72
群馬|23|9|19|22|=73

この試合の他の記事