2019.05.12

BリーグがKBLとの提携を発表、大河正明チェアマン「近い将来はサッカーのACLのようなことを」

協定に調印したKBLのイ・ジョンデ コミッショナーと大河チェアマン(左から)
国内外のバスケ情報をお届け!

 Bリーグは5月11日、韓国バスケットボールリーグ(KBL)と提携したことを発表。同日、「B.LEAGUE FINAL 2018-19」が行われた横浜アリーナにて合意文書への調印及び交換、記者会見が実施された。

 会見には、Bリーグの大河正明チェアマンとKBLのイ・ジョンデ コミッショナーが登壇。大河チェアマンは冒頭で「4月にKBLのプレーオフ(KBLファイナル)にお招きいただいて、コミッショナーと話をする機会をいただきました。その中で今回3つのことを検討した」と発表した。

「プロレベルの交流試合の実施」「両リーグの選手が相互にプレーできる環境(アジア枠等)の創出」「ユースプレイヤーの育成」の3点について、今後は日韓、アジア全体のバスケットボールの発展のため、具体的な協議を進めていくという。

 イ・ジョンデ コミッショナーは「重大な案件について協議することができました。本日は協議された内容を実務レベルに落としこむための同意書にサインができたことに関して非常に満足しております」とコメント。「これからKBLとBリーグが一緒に手を取り、この重大な案件をどんどん進めて東アジア全体のバスケットの発展とこれからのマーケットの拡大のためにどんどんプレートを作っていく」と意欲を示した。

 対する大河チェアマンも、日韓のさらなる発展を目指すことを誓った。

「日本バスケ界はサッカー同様、長らくでも韓国代表になかなか歯が立たないのが現実だった。近隣の国で良きライバルとして、これからも切磋琢磨していくことが日本のバスケ界の強化、発展にもつながる。近い将来にはサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のようなことを東アジア中心に実施するという発想もあるので、今回行ったことも含めて代表、クラブともに日韓でアジアを盛りあげていきたい」

BASKETBALLKING VIDEO