2019.05.17

司令塔の山下泰弘、島根スサノオマジックへ移籍決定「誇りを持って戦い抜きます」

島根との契約基本合意が発表された山下泰弘 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 島根スサノオマジックは5月17日、山下泰弘との契約基本合意を発表した。

 山下は187センチ81キロでポイントガードを本職とする32歳。東芝ブレイブサンダース(現川崎ブレイブサンダース)でキャリアを始め、Bリーグ初年度の2016-17シーズンに地元クラブのライジングゼファー福岡へ入団した。今季は負傷離脱の影響もあり37試合の先発を含む47試合に出場。279得点(1試合平均5.9得点)166リバウンド(同3.5リバウンド)214アシスト(同4.6アシスト)67スティール(同1.4スティール)の活躍を見せた。

 移籍が決まった司令塔は、クラブの公式HPを通じて次のようにコメントした。

「この度、島根スサノオマジックの一員となりました、山下泰弘です。私にとって島根は全国中学校大会やインターハイで訪れたとても思い出深い場所です。その島根のチームに加わることに、素敵な「縁」を感じるとともに、島根の皆さまに成長した姿を見ていただける日が、今から楽しみでなりません。B1の舞台に再び挑むチームの一員として、チームで強くなるために、私も力を惜しみません。ブースターの皆さまに勝利の喜びを届けるために、2019-20シーズン・神話第十章を、誇りを持って戦い抜きます。皆さまからの熱いご声援、よろしくお願いいたします」

 また、堀健太郎ゼネラルマネージャーは次のように期待を寄せた。

「この度、山下泰弘選手と契約合意に至りました。入団を決意してくださった山下選手、ご家族の皆さまに感謝申し上げます。島根に「縁」がある選手で、とても頼もしく、心強い選手に加わって頂くことができ非常に嬉しく思います。過去、東芝(現 川崎)に所属していた際に、3度の優勝に貢献され、その後、生まれ育った地元福岡へ移籍しB3優勝、B2優勝、B1昇格に貢献された山下選手。実績、経験ともに申し分ありません。今回、複数の選択肢があった中、「島根の力になりたい! 鈴木HCの元でバスケットをしたい! 島根のバスケットボール発展に貢献したい! 」と力強く覚悟を持って話をして頂きました。B1へ再挑戦する新シーズン、攻守・オンコート・オフコート、そして精神面と、どの面においてもチームの要になってくれると信じております。山下選手、島根スサノオマジックへのご声援お願い致します」