2019.05.21

中地区2位のFイーグルス名古屋、今季平均20.9得点のホーキンソンが在籍3シーズン目へ

FE名古屋との契約締結が発表されたジョシュ・ホーキンソン [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 Fイーグルス名古屋は5月21日、ジョシュ・ホーキンソンとの選手契約締結を発表した。

 ワシントン州立大学出身のホーキンソンは、2017-18シーズンにFE名古屋でプロキャリアをスタート。今季は出場した55試合すべてで先発を任され、1147得点(1試合平均20.9得点)567リバウンド(同10.3リバウンド)198アシスト(同3.6アシスト)を記録した。

 残留が決まった同選手は、クラブの公式HPを通じて「この度、FE名古屋での三年目のシーズンが決まり、チームに帰ってこられることを非常に幸せに思います。個人としてもチームとしても成長し続け、来シーズンこそはFE名古屋にチャンピオンの座をもたらせるよう全力を尽くします。日本に帰国することを凄く楽しみにしているのと同時に、来シーズンが始まるのが待ちきれません」とコメントした。

 なお、チームは今季、41勝19敗の成績で中地区2位。ワイルドカード争いでは2位に終わり、「B2 PLAYOFFS 2018-19」進出を逃した。